最終更新日 2020年10月26日

大峯山の天然水の特徴

神泉洞の天然水

大峯山系に連なる山々の伏流水で、採水地の「河川湧水群神泉洞」は昭和60年に名水百選に選ばれました。

 

周辺は吉野熊野国立公園は国立公園法によって開発が禁止されており、大自然のまま現在に至っています。

 

有機ゲルマニウムやセレニウムが含まれており、硬度30mgの軟水で弱アルカリ性です。

 

大峯山の天然水が飲めるウォーターサーバー

会社

商品名(容量)

料金/500mlあたり

大峯山の天然水

大峯山の天然水(12L)

2.000円/83円

このページ記載の情報について

※こちらの一覧情報はすべて記載会社のホームページを参考にしています。
※金額は全て税抜き表示です。

TOPへ