最終更新日 2021年07月27日

コスモウォーターVSクリクラ徹底比較

コスモウォーターロゴ

らく楽smartプラス

【smartプラス】

クリクラロゴ

クリクラ省エネサーバーレビュー

【クリクラ省エネサーバー】

 

比較項目 smartプラス 省エネサーバー
宅配水 天然水 RO水
水価格 4,104円 2,920円
基本料金

0円

460円
※初回金7,000円

契約縛り
解約金

2年
9,000円

無し
0円

メンテナンス
(交換)

無し 有り
支払い方法

クレジット
代金引換
後払い

クレジット
集金
他応相談
(代理店による)

注文システム 定期購入 定期購入
送料 無料 無料
配送エリア

全国
(沖縄・一部離島を除く)

全国
(沖縄・一部離島を除く)

※税抜で表記しています

コスモウォーター(smartプラス)VSクリクラ(省エネサーバー)実際に使って比較

出水の様子

コスモウォーター

コスモウォーター

ロック機能が使いやすい

使い勝手の良いレバータイプです。切替の簡単な3種類のロック機能が付いており、使用者によって使い分けができます。例えば小さい子供がいる時は簡易チャイルドロックを設定して、大人だけの時はチャイルドロックフリーに設定しておけば、いちいちロック解除しないで利用できます。受け皿も広くかなり使い勝手が良いです。

クリクラ

クリクラ

温水が使いづらい

クリクラの省エネサーバーも出水方法はレバータイプです。こちらは温水にのみチャイルドロックが付いていますが、レバー上部の丸いつまみをひねって押すことでロック解除なのでちょっと使いづらいです。他にはない機能で冷水の連続出水が利用できますが、使用することがほぼありませんでした。あまり必要のない機能の気がします。

 

ボトル交換のしやすさ

コスモウォーター

コスモウォーター

12Lでも足元設置なので簡単

smartプラスは足元設置タイプです。ボトルは12Lボトルですが、設置部分が下にあるため持ち上げなくても交換できます。容量が多いので交換頻度が少なく済みます。ボトルが内蔵タイプなのでお水の残量が見えませんが、サーバー正面の「Emptyランプ」が点灯して交換時期を教えてくれます。

クリクラ

クリクラ

上部に差し込んで交換

ボトルをウォーターサーバー上部に持ち上げて差し込むタイプです。ボトル自体に取っ手が付いているので扱いやすく、上にさえ持ち上げられれば挿し込むだけなので簡単に交換できます。持ち上げるのが大変な方は6Lボトルを選ぶ方法もありますが、軽量ボトルは若干割高になります。

 

メンテナンス体制

コスモウォーター

会社側でメンテナンスは無い

smartプラスには自動洗浄機能が付いています。そのため会社側のお手入れはありません。電源プラグを差し込んでから12時間後に作動し、その後は48時間(2日に1回)のペースで内部をクリーンを保つ機能が作動し続けます。

クリクラ

1年に1回交換してくれる

クリクラではメンテナンスとして、1年に一度ウォーターサーバーを交換しています。メンテナンス費用として5,000円かかりますが、低規定に洗浄されたウォーターサーバーと交換するので、長期間安全・衛生的に利用できます。

 

ゴミの量

コスモウォーター

楽らくsmartプラスの1セット分のゴミ

潰れはするがかさばる

ペット素材なので潰すことは可能ですが、やはりかさばってしまいます。また、1本づつダンボールに梱包されて届くため、ゴミの量は多めです。

クリクラ

クリクラではゴミが出ない

ゴミがでない

使い終わったボトルは返却する仕組みとなっています。届けられる際もボトルのみなので一切のゴミはでません。ただし、使用後のボトルの置き場所が必要。

 

 

電気料金比較

コスモウォーター
楽らくsmartプラスのエコモード使用時の電気代

  • 4/19 25円
  • 4/20 26,1円
  • 4/21 24,8円
  • 4/22 25,6円
  • 4/23 26,4円
  • 4/24 25,3円
  • 4/25 25,8円
月平均:765円

クリクラ
クリクラ省エネサーバーの電気代

  • 5/20 19,1円
  • 5/21 23,4円
  • 5/22 24円
  • 5/23 23,6円
  • 5/24 22,8円
  • 5/25 20,9円
  • 5/26 22円
月平均:666円
どちらも省エネサーバーで電気代が安く済みます

どちらも省エネ機能搭載のウォーターサーバーですので、電気料金が安く済みます。ちなみにクリクラのスタンダードサーバーの電気料金を計測した結果は1,395円/月でその差は約700円。10ヶ月利用すれば省エネサーバーの初回金を取り戻せる計算です。

たたずまい(デザイン・音・バランス)

コスモウォーター

整った四角いフォルム

全体的に落ち着いた感じのフォルムです。前後左右から押しても転倒しづらく、とてもバランスが良いです。ボトルが下部に設置されていることで、重心が下にあるからかもしれません。静音性ではお水を組み上げる時に「グゴゴ・・」という音がなりますがほんの数秒です。

クリクラ

クリクラ省エネサーバーのたたずまい

丸みを帯びたフォルム

こちらは対象的に全体的に丸みを帯びたデザインです。ボトルが上部に乗っているので典型的なウォーターサーバーの形です。バランスは良く。押してもグラグラせず安定感があります。音も聞こえますが気になるレベルでありませんでした。

 

『コスモウォーターVSクリクラ』項目別対決

対決種目 WIN
毎月のコスパ

毎月のコスパはクリクラの勝ち

使いやすさ

使いやすさではコスモウォーターの勝ち

設置などのサポート

設置してくれるクリクラの勝ち

メンテンス体制

衛生的に使えるクリクラの勝ち

ゴミの量

ゴミが一切でないクリクラの勝ち

電気料金

電気代が安いクリクラの勝ち

デザイン

デザイン性は圧倒的にコスモウォーターの勝ち

解約金

解約金のないクリクラの勝ち

高級感

一歩上の贅沢感はコスモウォーターの勝ち

コスモウォーターとクリクラどっちがおすすめ?

コスモウォーターとクリクラどっちがおすすめ?

コスモウォーターとクリクラの大きな違いは、お水の種類、使用済みボトルの処理方法、契約縛り、解約金となります。

 

どちらもレバーで出水しますが、使用感に関してはsmartプラスに軍配が挙がりました。クリクラも決して使いづらくはないのですが、温水ロックの不便さや、不必要な連続出水機能が裏目にでた気がします。チャイルドロック機能や普段使いでは断トツでsmartプラスでした。

 

天然水を選ぶ場合は必然的にコスモウォーターとなりますが、費用面で割高となります。また、以前まで全国3箇所から好きな天然水を選べましたが、現在ではお住いから近い採水地しか選べなくなりました。

 

コスモウォーターは使い捨てボトル、クリクラは返却ボトルとなります。ウォーターサーバーの設置に関してもどちらも対応してくれます。メンテナンスでは定期交換のあるクリクラのほうが安心して利用できると思います。

 

結論として、使い終わったボトルはかさばりますが、メンテナンスやアフターフォローをしっかりしつつ費用を抑えたい方はクリクラ。費用が高くなりますが、美味しい天然水でスペースを取られない使い捨てボトルや、普段使いやすさを求めるならはコスモウォーターでしょうか。

 

コスモウォーター公式サイトをチェック
クリクラ公式サイトをチェック
TOPへ