フレシャス『スラット』使用感レビュー

フレシャススラットレビュー

フレシャスslat画像

 

使いやすさ
スラットの冷水と温水の様子

slatの温水と冷水の様子

常温が加わってとても使いやすい

スラットは温水、高温水、低温水、常温水、冷水と5つのお水を使えます。常温水使えることでさらに利便性が高まりました。待ち時間なく利用できるのは冷水・温水・常温水の3つです。ポチッとボタンを押すことで水がでます。

スラット各モードの温度を測定

スラットの設定温度各種

設定 温度
加熱温水 82.5℃
温水 78.2℃
ECOモード温水 71.2℃
常温水 18℃
冷水 8.4℃

幅広い温度が選べるので、様々なシーンで使えました。常温は季節や室内の気温によって変わりそうですね。ちなみに上記のデータは1月に測定したものです。

 

操作パネルとドリップトレイが使いやすい

上部前面に操作パネルがあります。ボタンがまとまっているので操作しやすいです。ただ、温水のロック解除ボタンが硬いのが不便でした。

 

ドリップトレイ(受け皿)が広く、奥行きが丸まっているので様々な容器に対応できました。また、吐水口までの高さは18,5cmと高く、背の高いグラスでも問題なかったです。

 

受け皿の高さが絶妙です

特に良いと思ったのは受け皿の高さです。地面から78,5cmと他のウォーターサーバーと比較しても高い位置にあります。ちょうどキッチンシンクの高さと同じぐらいなので、腰を曲げる必要もなく、とても使いやすかったですよ。

 

ボトル交換

slat「ボトル交換の様子」

足元設置で簡単ボトル交換

スラット専用ボトルは9.3Lです。従来の7,2Lより重たくなるのでボトル交換が大変かと思いきや、設置部分は下部となっているため持ち上げる必要がありません。ドアを開いて取っ手を手前に引いて設置します。奥に戻してドアを閉めれば終了です。動画では行ってませんが、使用済みボトルを外した後は軽く拭いてから新しいボトルを差し込みましょう。

 

掃除の楽さ

フレシャススラットの受け皿

お手入れは拭き掃除がメイン

カンタン作業でした

主な作業はボトル交換時の「受水棒周辺」の拭き掃除と、「出水口周辺」です。また、背面も半年に一回ぐらいでいいので掃除機をかけてあげましょう。このあたりはどのウォーターサーバーも一緒ですね。スラットは出水口が1つなので拭き掃除がとても楽でした。

メンテナンスは?

フレシャスではメンテナンスを実施していないため、ウォーターサーバー自体に洗浄機能が付いてます。

 

スラットにはクリーン機能が2つ搭載されています。5日に一度行われる「オートキュアキープシステム」と30日ごとに行われる「フレッシュモード」です。どちらもプラグを差し込めば自動で設定されます。

 

オートキュアキープシステムは3分で終わりますが、フレッシュモードは約1時間半ほど使用できません。強制終了もできますがおすすめできません。

 

ゴミの量

フレシャススラット1セット分のゴミ

スラット1セット分のゴミ

パックよりかさばる

1セットで出るゴミは梱包用ダンボール1つと、9,3Lのペットボトル2つとなります。

 

使い終わったボトルは青いキャップ部分を外します。(手で簡単にはがせます)ペット素材は足で踏めばある程度小さくなります。一般的な12Lの使い捨てボトルと比べ小さいのでかさばりません。

 

電気料金

スラットの電気料金がどれほどかかるのか電力表示器で計測しました。
省エネスイッチONとOFFそれぞれ1週間ずつ計測。

省エネスイッチONで使用

フレシャスslatの省エネONの電気料金

  • 1/12 22.6円
  • 1/13 21.2円
  • 1/14 29.3円
  • 1/15 19.6円
  • 1/16 20.2円
  • 1/17 19.1円
  • 1/18 20.9円

21.8円/日

654円/月

省エネスイッチOFFで使用

フレシャススラット省エネスイッチOFFでの電気料金

  • 1/19 37.1円
  • 1/20 35.7円
  • 1/21 35.3円
  • 1/22 36円
  • 1/23 36.6円
  • 1/24 34.8円
  • 1/25 36.2円

35.9円/日

1,077円/月

省エネ機能を使いこなしましょう

スラットは2つの省エネ機能を搭載しているので、うまく利用することで電気代を安くできます。設定は簡単、まずは背面の「SLEEPボタン」をONにします。これだけで部屋が暗くなると自動で省エネ状態になります。これで夜間の消費電力をぐっと抑えられます。

 

もう1つは「ECOモード」です。これはタッチパネルにあるECOボタンを3秒間長押しすることで設定できます。お出かけ前などしばらく使わないときにポチッと押しておきましょう。解除方法も同じです。ちなみにECOモード中の温水は約70℃となるので、赤ちゃんの粉ミルクにちょうどいい温度となります。

 

電気料金の差は一目瞭然。省エネ機能のONとOFFでこんなに違いがでるんですね。ちなみに今回の測定では、SLEEPボタンをONにしただけでECOボタンはほぼ使ってません。意識してECOボタンを活用すれば、もっと電気料金が抑えられるかもしれません。

 

たたずまい(デザイン・音・バランス)

ほんとにスラットしてます

フレシャススラットのたたずまい

凹凸部分がなく、シンプルですが上品なイメージです。さすがグッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバーですね。イケ面です。

 

音で気になったのは「メリメリメリ・・」とボトルが潰れていく音ぐらいです。お水を組み上げるモーター音も気にならない程度の音でした。

 

バランスもしっかりしていて、前後左右に軽く押してみましたが問題ありません。背面には「転倒防止ワイヤー」もついてます。

 

個人的には持ち運びやすいのが気に入りました。ウォーターサーバーって運びにくいんですよ。スラットには背面上部には「くぼみ」があるので運びやすかったです。

フレシャスslat(スラット)の総評

フレシャスウォーターサーバー評価

フレシャスslat画像

slatのポイント

goodポイント

  • ちょうどいい受け皿の高さ
  • 使い勝手の良い常温水
  • ボトル交換が足元

badポイント

  • ロック解除ボタンの固さ
  • 内部ボトルの潰れていく音
  • 電気がないと使用できない
大満足のウォーターサーバーです

フレシャスでウォーターサーバーを借りるのは3台目となるスラット。今までのウォーターサーバーに比べて様々な面で使いやすくなってます。

 

特に「受け皿までの高さ」と「常温水」は毎日使うことで実感できました。細かいですが高温水の準備完了時に「ピコーン」と音がなるのも便利です。

 

従来のパックではなくペット素材のボトルとなったことで、交換が簡単になりました。また容量も増えたので交換頻度が少なくすみます。9,3Lは重たすぎず軽すぎずで、ちょうどいい大きさなのかもしれませんね。

 

利用していて気になる点は、従来の7,2Lパックに比べてゴミの量が増えるのと、温水のロック解除ボタンが固いことですね。また、電気が通っていないと使用できないことでしょうか。

 

フレシャスのウォーターサーバーは総じて電気代が安く済みます。スラットも例外なく電気代が安かったですよ。ホントにおすすめできるウォーターサーバーです。

 

 

フレシャスの口コミ評判や料金一覧はこちらです

 

TOPへ