フレシャス『dewo mini』使用感レビュー

フレシャスdewo miniレビュー

フレシャス卓上型dewo mini

 

使いやすさ
dewo miniの冷水と温水の様子

dewo miniの温水と冷水の様子

簡単操作でストレス無く利用できる

前面上部のボタン操作で冷温水を利用できます。冷水、温水ともにお水の勢いも問題ありません。

 

ロック解除中の時間が短いサーバーが多いですが、dewo miniは再度ロックがかかるまで10秒あるので、ドリップコーヒーのようにすこしづつ温水を使うような場合に便利でした。

 

他の卓上サーバーに比べてかなりスリムでコンパクトです。そのため置き場所を限定されず好きな場所に設置できました。

 

初期状態では温水のみロックがかかっていますが、冷水のチャイルドロックも設定可能となっているので小さいお子さんがいても問題ありませんね。

 

パック交換

dewo mini「パック交換の様子」

パックを設置してボタンを押すだけ

お水の出が悪くなったらパック交換の合図です。サーバー上部のフタを開けてパック内のお水が無いことを確認したら、ニードルを下げてパックを取り出します。新しいパックをセットしてフタを閉じてニードルを上げれば完了です。

 

dewo mini専用パックは4.7Lと軽量なので、どなたでも簡単に交換できると思います。ただ、軽いぶん容量が少ないので交換頻度が増えるのは仕方ないですね。

 

使用済みパックを外してみると

サーバーから取り出したパック

コップ一杯分のお水が残っている

パック交換するために使用済みのパックを外してみると、毎回コップ一杯分のお水がパックの中に余っています。壊れてんのかな?と思い説明書をみてみると、「ウォーターパック交換方法」ページに『サーバーの構造上、ウォーターパックには残水が150cc程度残ります』と記載がありました。

 

パックに残ったお水はそのまま飲むには適さない温度なので、加熱するか冷やすかしたほうが美味しく飲めます。管理人はケトルに移してコーヒーに利用してます。そのまま捨てるのはもったいないのですもんね。

 

掃除の楽さ

dewo mimiのドリップトレイ

コンパクトなので掃除が楽

主な掃除する部分は出水口周辺と受け皿です。dewo miniは出水口が1つなので拭き掃除がとても楽です。パックをセットするホルダー内は水気があったら拭き取るだけでOKです。

 

月に一度はニードルをアルコールシートなどで拭きます。サーバーが軽量で動かしやすいので、背面の掃除もしやすかったです。

月に一度はフィルターのお手入れ

フィルターが汚れていると冷却性能が弱まり、省エネ効果が低下します。それを避けるために1ヶ月に一度はお手入れします。

 

電源を切ってから背面部分をプラスドライバーで取り外し、フィルターを取り出したら掃除機をかけます。この時水洗いするとフィルター機能が低下するので掃除機をかけるだけで大丈夫です。

デュオミニは光で殺菌

サーバー内部を衛生的に保つためにデュオミニでは「UV-LED」を採用しています。殺菌効果のある紫外線を利用して殺菌を行う方法です。

 

これまでフレシャスサーバーの殺菌方法は、温水を循環させて殺菌をしていました。そのため、一度自動洗浄が始まるとウォーターサーバーが2時間ほど利用できませんでした。

 

「UV-LED」によって24時間いつでも安全に冷温水が利用できるようになったのは嬉しいですね。

 

ゴミの量

dewo mini1セット分のゴミ

気になるのはダンボールくらい

使い捨てパックとなっているので、使用後は折りたたんで燃えるゴミに捨てます。大きいのはパック梱包用のダンボールだけですので、ゴミの量はかなり少ないほうでした。

 

電気料金

dewo miniの電気料金がどれほどかかるのか電力表示器で計測しました。
省エネスイッチONとOFFそれぞれ1週間ずつ計測。

SLEEPスイッチONで使用

  • 1/15 24,3円
  • 1/16 23円
  • 1/17 23,3円
  • 1/18 19,9円
  • 1/19 20,2円
  • 1/20 23,1円
  • 1/21 20,4円

22円/日

660円/月

SLEEPスイッチOFFで使用

  • 1/24 33.6円
  • 1/25 36,7円
  • 1/26 29.2円
  • 1/27 30.1円
  • 1/28 34,6円
  • 1/29 32,9円
  • 1/30 33,3円

32.9円/日

987円/月

高い省エネ力を確認できました

dewo miniの省エネ機能は「ECOモード」と「SLEEPモード」の2つあります。

 

SLEEPモードは室内が暗くなると自動で温水の加熱を抑える機能です。背面に付いている「SLEEPボタン」をオンにするだけでそれ以降は何も操作する必要はありません。

 

ECOモードは操作パネル左にあるECOボタンを押すことで、温水の温度を70℃前後に抑えることで消費電力を抑えます。長時間不在にする時にオンにすることで省エネとなります。

 

たたずまい(デザイン・音・バランス)

置き場所に困らず高い静音性

温冷水が利用できる卓上ウォーターサーバーの中で最もコンパクトで置き場所に困りませんでした。キッチンカウンターに置いて使用してますが、スリムボディのため圧迫感がありません。

 

ウォーターサーバーで気になる音ですが、使用していない時はもちろん、使用中の動作音もまったく気にならないレベルでした。これなら寝室に置いても気にならないと思います。

 

軽量のためバランスが不安定かと思いましたが、左右前後から強めに押してもどっしりとバランスを保っています。多少の強い揺れがあっても転倒の心配はないでしょう。

 

トラブル発生!?温水が出ない!

ある日突然温水の出が悪くなりました。パックには十分お水が残っているのに、温水がチョロチョロとしか出ずに最終的に出なくなってしまったのです。

 

この件でフレシャスに電話して状況を説明したら、「上部のフタを開いてニードルが出ているのを確認したら、パックを上に手のひらを乗せてゆっくりと押し込みながら温水ボタンを押してください」とのこと。

 

するとあのチョボチョボとしか出なかった温水が気持ちいいくらい出ました。原因はお水の通り道に空気が入るとこんな現象が起きるらしいです。

 

dewo miniは事務所で利用しており、ウォーターサーバー担当の管理人が不在の時にこのトラブルが発生。同僚のYさんが「コーヒー飲むのに不便だ!直す!」と自己流で直そうとするも、ニードルが出ている状態で水パックを外しパック設置部分が水浸しに・・。

 

そんな状況をフレシャスのオペレーターに伝えると、なんと次回料金から1パック分の料金を差し引いてくれるそうです。こちらの不注意なのにしっかりとした神対応。さらにファンになりそうです。

フレシャスslat(dewo mini)の総評

フレシャスウォーターサーバー評価

【dewo mini】をレンタルしてわかったこと

goodポイント

  • スリムで圧迫感がない
  • 軽量で持ち運びが楽
  • ボタン操作と扱いやすい軽量パック
  • 和テイストの部屋にも合う

badポイント

  • 交換頻度の多さ
  • フィルター掃除の手間
  • 電気がないと使用できない
  • 選べる天然水が1種類のみ
卓上タイプの中で一押しのサーバーです

フレシャスではサイフォンに続いて二台目の卓上サーバーとなります。結論から言うと、これまで利用した卓上サーバーの中で使いやすさが断トツでした。

 

卓上サーバーの重さの平均は14.6kgですが、dewo miniはその半分の7.3kgとかなり軽量です。そのため設置場所の変更も気軽にできます。

 

サーバー内の衛生を保つシステムが「温水循環」から「UV-LED」になったことで、使用できない時間がなくなり24時間いつも静かでした。寝室においても問題ありません。

 

お水の金額に関しては7,2Lパックと比較すると若干割高となりますが、いままで設置スペースがなくてレンタルできなかった方や、お水の交換が不安だった方にデュオミニはかなりおすすめです。

 

 

フレシャスの口コミ評判や料金一覧はこちらです

 

TOPへ