最終更新日 2020年2月25日

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

『ウォーターエナジー』使い心地レビュー

ウォーターエナジーロゴ

ウォーターエナジーのウォーターサーバーレビュー

 

使いやすさ

冷水専用サーバーです

ウォーターサーバーの機能は冷水のみのシンプルな作りです。つまみをひねることで冷やされた日田天然水が楽しめます。チャイルドロックが付いていないので、わずらわしい操作がなく使いやすいです。

 

サーバー内に水をためておくタンクがなく、バッグインボックスからダイレクトに汲むことができるので衛生的です。

 

ボトル交換のしやすさ

ダンボール材を剥がしてのせるだけ

バッグインボックスのダンボールには、蛇口部分と冷却部分の2箇所に切れ目が入っています。この切れ目部分のダンボールを剥がして蛇口を外に出してサーバー本体に乗せます。差込口のテープをはがして、ズボッと挿し込むだけのボトルタイプに比べると少し手間です。

 

掃除の楽さ

ウォーターエナジーサーバー普段の掃除

受け皿周辺の拭き掃除だけでOK

一般的なウォーターサーバーと比較すると、掃除個所が少ないです。タンクがないので内部メンテナンスの必要がなく、主に外部の出水口付近とドリップトレイの拭き掃除ぐらいです。あとはたまに背面のフィルターを外して掃除機でかけるぐらいでOKです。

 

ゴミの種類と量

ウォーターエナジーのゴミの種類と量

ダンボールとビニールパックの2つ

ダンボールとビニールの2種類のゴミが出ます。ゴミに出すために使い終わったバッグインボックスを解体するのが少し面倒に感じましたが、最初だけですぐに慣れました。

 

電気料金
計測期間:4/14~4/20
  • 4/14 11.2円
  • 4/15 12.8円
  • 4/16 12.4円
  • 4/17 10.9円
  • 4/18 11.3円
  • 4/19 12.5円
  • 4/20 12.1円
1日平均11.8円/月約354円

ウォーターエナジーの電気代


冷却だけなので電気代が安い

冷水専用のウォーターサーバーの計測は初めてでしたが、予想以上に電気代が安いことがわかりました。一般的なウォーターサーバーのような温水機能がないためか、電気料金はかなり安く済みました。

 

たたずまい(デザイン・音・バランス)

ウォーターエナジーのデザイン・音・バランス

ずんぐりフォルム

横幅はさほど気になりませんが、奥行きはだいぶありますね。温水が無い分もっとスリムだったら良かったのですが、冷却装置の都合上、仕方ないのかもしれません。

 

静音性はかなり高いです。利用中気になる音はまったく聞こえませんでした。全体的にどっしりしているのでバランスも良く、多少揺れたところで問題なさそうです。

『ウォーターエナジー』の総評

ウォーターエナジー評価

ウォーターエナジーのウォーターサーバーレビュー

 

【ウォーターエナジー】を使って気づいた事

良いと思ったポイント

  • サーバーなしでも使える
  • 電気代が激安
  • 身体が実感した日田天領水
  • ボトルが縦積み収納できる

気になるポイント

  • ボトルのセットがちょっと手間
  • 温水が使えない
  • 後ろに長い

 

日田天領水を美味しく飲むためのサーバー

冷水専用のウォーターサーバーは初めて利用しました。温水が利用できないためか、一緒に電気ケトルが付いてきました。

 

一般的なウォーターサーバーは内蔵タンクに貯留して冷水を作りますが、ウォーターエナジーのサーバーはタンクがなく、冷却装置の上に直接乗せて冷やしているので、内部メンテナンスの必要性もなく衛生的に利用できます。電気料金もかなり安く済みました。

 

個人的な感想ですが、日田天領水を飲んでいる最中は、代謝がよくなった気がします。また、サウナでかく汗の質がいつもと違うんですよ。じわっとした汗じゃなくて、キレイな丸い水玉の汗がでるんです。

 

ボトル交換のたびにダンボールのミシン目にそって穴を開けてセットするのがちょっと手間でしたが、ボトル自体にノズルが付いているので、サーバーがなくても使えるのは便利。

 

冬場はサーバーのスイッチを切って常温水として利用してました。飲水だけに利用した方におすすめできるウォーターサーバーです。

 

 

ウォーターエナジーの口コミや人気の理由

TOPへ