最終更新日 2019年07月14日

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

全国の名水ウォーターサーバー

日本の名水の宅配水ウォーターサーバーの一覧記事一覧

豪雪地帯にある羊蹄山の雪解け水を利用しています。長い年月をかけて山肌に染み込み、自然に濾過された天然水です。山の麓にある「ふきだし公園」では6.5℃の水温を保ちながら毎日8万トンもの天然水が吹き出し続けています。1985年に環境省から『名水百選』に選ばれ、2008年に北海道洞爺湖サミットに使用されました。硬度は約18mgの軟水です。

八雲町は1500万年~2000万年ほど前は海の底でした。そこに生息していたサンゴやカミオニシキ貝などの様々な貝殻の蓄積層が40メートルも蓄積しています。体内に吸収されやすく、血中カルシウムを増加させないで骨まで到達する「非活性カルシウム」がが豊富な天然水です。特に八雲町で採水されるお水には石灰層から溶解されるカルシウムの約6倍も非活性カルシウムが含まれています。

日光山系に降り注ぐ雨と雪解け水が、30年以上の年月をかけて自然のフィルターによって濾過され、希少な遊離炭酸が含まれる天然水です。採水地の古都足利は古来より水にまつわる様々な伝説(弘法大師の水・織姫冷水・美人弁天)が生まれた水の都として知られています。

長野県の南西部に位置する木曽福島は森林率が96%もあり、御嶽山や木曽駒ヶ岳、開田高原といった美しい山々を望む土地です。採水地は御嶽山の麓にある自然保護林(水源涵養林)の中にあり、その周辺は天然のわさびが育つほどの清浄な自然環境です。そこから湧き出る水は、幾重もの火山灰の層によって磨かれたミネラルを多く含む希少な湧水となっています。

日本にある3.000メートル級の山の半分もの数が集中している北アルプス。日本海側からの季節風によってもたらされる大雪は、残雪として真夏でも確認されます。この雪解け水を北アルプスの山々や砂地が長い年月をかけて濾過し、盆地部分に湧き出てきます。大町市内にある「青木湖」の水質は、環境省の調査で類型AAという最高度にランクされているそうです。

3.000メートル級の山々が連なる南アルプス。甲斐駒ケ岳は堆積岩(水成岩)が多く、花崗岩からなっています。花崗岩層に20年以上磨かれた水は、名水百選に選ばれた尾白川や神宮川へ流れます。お水は硬度18~30の軟水の天然水です。

75%が森林を占めるほどの緑豊な福知山市。秋には雲海と霧海が頻繁に発生するほど水が豊富な地域です。数十万年前の火山活動で形成された花崗岩の地下岩盤層を浸透し、豊富な天然水が地下に蓄えられています。採水されるお水は硬度30mg程のまろやかな軟水です。

九州のほぼ真ん中に位置し、日本三大美林として名高い大分県日田市。天然活性水素が含まれており、弱アルカリ性の天然水です。火砕流による堆積や河川による侵食拡大の作用などによる複雑な地形に加え、何千年という時をかけて作られた天然のろ材で磨かれた希少価値の高い水です。日田市中ノ島でうなぎの養殖用に使用されていた古井戸。この水で育てたうなぎが他の地域に比べ大きく成長したことから、飲料水として評判になったこと...

県の大部分を森林が占める島根県。中でも浜田市金城は豪雪地帯に指定されるほどで降水量も多く、豊富なお水が湧き出る地域として有名です。温泉地帯や花崗岩を浸透したお水は、硝酸態窒素などの有害物質や雑菌が自然に濾過され、ミネラルバランスの良い天然のアルカリ水となります。良質な温泉地帯として知られる金城の温泉は昔から「美人の湯」、「若返りの湯」としてこの天然水が使用されているそうです。

島根県大田市三瓶町志学にある三瓶山。大規模な火山活動を繰り返し、3500万年前に形成された地層には「シリカ」が豊富に含まれています。大田市の天然水は三瓶山(さんべさん)の火山礫にて数十年の年月をかけてゆっくり濾過されたお水です。採水地である大山隠岐国立公園は、原生林や希少な植物が自生する緑豊かな自然環境がそのままの姿で保護されています。

群馬県東吾妻町の「箱島湧水」は、豊かな森が雨や雪を長い年月かけて多重層のフィルターにろ過され、榛名山のミネラルがたっぷり含まれた天然水です。溶存酸素量が豊富で、水温が四季を通じて15℃と安定した群馬県の榛名山湧水を源水としてます。湧水量は1日に3万トンにも及び「山雀の瀑」と呼ばれる滝となって勢い良く流れ落ちてきます。名水百選にも指定され、下流の鳴沢川はホタルの生息地として有名です。

北アルプス立山連峰の雪解け水が、本州第一位の植生自然度を誇る富山森林に何十年もかけてろ過し、清浄なお水が蓄えられています。富山平野は花崗岩質が多く、適度にミネラルを含んだ天然水を作ってくれます。真夏でも冷えたお水を供給してくれます。富山県は「平成の名水百選」で熊本県と並び全国トップの多さを誇る名水の宝庫です。

三重県多気郡大台町と奈良県の県境にある大台ヶ原山を水源としています。宮川は国土交通省の一級河川水質調査で11回も1位を獲得し、流域には手付かずの自然が多く残されています。2016年には大台町の大杉谷が日本で7つ目の『ユネスコエコパーク』認定されました。

大峯山系に連なる山々の伏流水で、採水地の「河川湧水群神泉洞」は昭和60年に名水百選に選ばれました。周辺は吉野熊野国立公園は国立公園法によって開発が禁止されており、大自然のまま現在に至っています。有機ゲルマニウムやセレニウムが含まれており、硬度30mgの軟水で弱アルカリ性です。

六甲山の岩盤は良質な花崗岩に磨かれたお水が地下水となり、「布引の水」として神戸市内で採水されます。ナトリウムとカルシウムを多く含み、マグネシウムとカリウムが少ない「中硬水」のお水です。厚労省指定の兵庫県予防医学協会から、自然のままボトルに生充填を認められています。天然の抗酸化作用で長い航海の間も腐ること無く美味しいことから、昔から世界中の船乗りの間で愛されてきたお水です。

水のふる里と称される北広島町大朝は、千メートル級の山々と豊かな自然に恵まれた小盆地です。雪解け水も含め年間をとして豊かな降水があり、花崗岩大地によって磨かれた天然水です。硬度12mgの軟水を作り出します。

西日本最大の広大で豊かなブナ林が残る大山。長い年月を経て雪解け水が地中深く染み込み、栄養価に富んだ土壌で濾過されミネラルを豊富に含んだ湧水です。水源は大山隠岐国立公園として厳しく管理されています。硬度12の軟水でミネラルバランスが良く、界面活性力が高い天然水です。

阿蘇カルデラ南部に位置し、日本名水百選の「白川水源」や平成の名水百選「南阿蘇湧水群」が存在する南阿蘇村。阿蘇五岳降り注ぐ雨や雪が地下層で磨かれ、シリカなどの多くのミネラルを含む天然水が毎分60トンもの湧水が湧き出ています。阿蘇山の地下には噴火によって堆積したとされる砥川溶岩があり、地中に浸透する雨雪の天然のろ材となり、長い年月をかけて良質な地下水が作られます。このカルデラの地層は火山灰、火砕流、軽...

四国剣山に降り注いだ雨や雪が百年以上かけて濾過された、天然ミネラルを多く含んだ伏流水。ろ過層の1つ「緑色片岩」は豊富な天然元素を有しており、酸化防止や水質浄化します。剣山を水源とする穴吹川は四国整備局の河川水質調査で14年連続で四国一の清流と認定されています。カルシウムが豊富で硬度が137mgの「中硬水」となっています。

花崗岩層の岩英に磨かれ、また斜長岩や雲母といった数多くの鉱物ミネラルを含んだ天然水です。九州は阿蘇や霧島などの火山帯は安山地層から湧き出る水が多い中、雷山の水は九州では珍しい花崗岩層で濾過されます。そのため火山成分の影響を受けず、硬度93の軟水でさっぱりとした味となっています。

TOPへ