定額・使い放題ウォーターサーバーを徹底比較

定額で使い放題のウォーターサーバーを比較

定額で使い放題のウォーターサーバーを徹底調査しました。

 

毎月の費用を抑えてウォーターサーバーを利用したい方は参考にしてください。

 

定額サーバーは水道直結型と注入型の2種類

定額制のウォーターサーバーには「水道直結型」と「注入型」の2種類あります。

水道直結型(工事が必要)
ウォータースタンド クールクー ダイオーズ

使い放題サーバー「ナノラピアネオ」

使い放題サーバー「クールクー」

水道直結タイプ「ピュアレスト」

注水型(工事がいらない)
ハミングウォーター アクアバンク シャインウォーター

使い放題サーバー「フローズ」

使い放題サーバー「アクアバンク」

使い放題サーバー「シャインウォーター」

直結型と注水型の簡易比較
項目 直結型 注水型
給水方法 自動 手動
設置工事 必要 不要
設置後の移動費用 かかる かからない
フィルター性能
メンテナンス あり(訪問) なし(セルフ)
コスパはどっちがいいの?

毎月のコストは大差ありませんが、初期費用や解約時の撤去などをふまえると注水型のほうが安く済みます。手軽さやトータルコストを考えれば注水型。お水の質や利便性を考えれば直結型が適しています。

 

水道直結型で人気の3メーカー
ウォータースタンド クールクー ダイオーズ

使い放題サーバー「ナノラピアネオ」

使い放題サーバー「クールクー」

水道直結タイプ「ピュアレスト」

スペック・料金比較
ウォータースタンド クールクー ダイオーズ
機能

冷水
温水
常温水

冷水
温水
水素水

冷水
温水
常温水

メンテナンス 半年に1回 年に1回 ナシ

解約金

0円

11,000円

3,278~

撤去費用

11,000円

11,000~

33,000円

0円

初期費用

(月額込み)

4,378円 9,240円 11,000円

月額

4,378円 4,620円 3,278円

公式サイトへ

ウォータースタンド クールクー ダイオーズ

※金額はすべて税込みで表記しています

 

注水型で人気の3メーカー
ハミングウォーター アクアバンク シャインウォーター

使い放題サーバー「フローズ」

使い放題サーバー「アクアバンク」

使い放題サーバー「シャインウォーター」

スペック・料金比較
ハミングウォーター アクアバンク シャインウォーター
機能

冷水
温水
常温水

冷水
温水
水素水

冷水
温水

フィルター交換 定期(無料) 年に1回(無料) 3ヶ月に1回(無料)

解約金

16,500円

(2年未満解約)

16,500円

(1年未満解約)

0円
※再契約で解約の場合5,500円

初期費用

(月額込み)

5,390円

10,956円

3,564円

月額

3,190円

4,378円

3,564円

公式サイトへ

ハミングウォーター アクアバンク シャインウォーター

※金額はすべて税込みで表記しています

 

定額制ウォーターサーバーランキング

ハミングウォーター

ハミングウォーターロゴ

ハミングウォーターのflows(フローズ)

機能

冷水・温水・常温水

契約期間

2年

メンテナンス

なし

※フィルター交換無料

対応エリア

全国

(北海道・沖縄を除く)

設置費用

0円

※1,100円の設置サービスあり

初期費用

5,390円

(出荷手数料+初月レンタル料)

月額

3,190円

ハミングウォーターの特徴

定額制・使い放題ウォーターサーバーで最新機種のハミングウォーター。使い放題の中で最安値となります。デザイン性も良く機能も充実してます。トータルコストを極力抑えたい方におすすめ。

 

ハミングウォーターの詳細情報はこちら
ウォータースタンド

ウォータースタンドのロゴ

直結式サーバーナノラピアネオ

機能

冷水・温水・常温水

契約期間

1年

メンテナンス

無料

6ヶ月に一度/有人メンテ

対応エリア

全国

※一部非対応エリアあり

初期費用

4,378円

月額

4,378円

ウォータースタンドの特徴

ウォータースタンドで1番の売れ筋「ナノラピアネオ」は、プッシュボタン式の簡易操作で扱いやすく、省電力モードを搭載しているので電気料金も安く済みます。メンテナンス費用もカートリッジ費用もすべてレンタル料金に含まれているので、維持費は毎月のレンタル料金のみです。

 

ウォータースタンドの詳細情報はこちら
Aqua Bank

アクアバンクロゴ

アクアバンクウォーターサーバー

機能

冷水・温水

契約期間

1年

メンテナンス

1年に1回(無料)

対応エリア

全国

初期費用

10,956円

(登録事務手数料2,000円+2ヶ月分のレンタル料)

月額

4,378円

水素水が飲み放題!

水道水を注ぐだけでいつでも手軽にミネラル水素水のお湯と冷水が利用できます。飲料水だけでなく、料理や洗顔などあらゆるシーンで水素水が利用できます。設置工事が不要なので場所を選ばずにどこへでも置くことができます。さらに一年ごとのメンテナンスも無料。使えば使うほどお得になるウォーターサーバーです。

 

アクアバンクの詳細情報はこちら

定額制ウォーターサーバーのメリットとデメリット

メリット

お水が使いたい放題

ボトル宅配式ウォーターサーバーの場合は注文するお水の量に応じて料金が増えるので、費用を気にしてお茶やコーヒーなど飲用だけで済ませる方が多いと思います。

 

直結式サーバーの場合は水道につないで利用するので、料金を気にせず料理全般にも利用できます。お花のお水にもペットの飲水にもじゃばじゃば利用できます。

 

また、「ボトル交換」の手間がないのもメリットです。ボトル式ウォーターサーバーの利用経験がある方や、ペットボトルのお水を買っている人ほど実感できるでしょう。

注文・配達対応の手間がない

直結式ウォーターサーバーは注文の手間がない

ボトル宅配式ウォーターサーバーでは必要な時に電話やインターネットで注文する「都度注文」と、定期的にボトルが届く「定期配送」の2つがあります。都度注文はお水の残量を見ながら注文しないといけないので、注文するのを忘れたりするとしばらく利用できなくなります。

 

定期配送は注文の手間がありませんが、お水が余っていても定期的に配送されるので、消費量に気を使います。もちろん配達の一時停止のサービスがあるので調整できますが、その際にもやはり連絡しなければいけません。

 

どちらにしてもお水を持ってくる配達員に対応しなければいけませんので、女性の場合は人前に出るのに身だしなみを整えないといけないといった手間もあるでしょう。チャイムの音で赤ちゃんが起きてしまうという声もあります。直結式サーバーではこういった注文や配達対応の手間がありません。

ボトル置き場とゴミ捨ての必要がない

直結式ウォーターサーバーはボトル置き場が不要

ボトル宅配式サーバーは、届いたボトルを保管しておくスペースが必要となります。ボトルにはリターナブル(返却ボトル)とワンウェイ(使い捨てボトル)があり、返却ボトルの場合は業者が取りに来るまで保管しなければなりません。

 

使い捨てボトルはその名の通り家庭用ゴミとして捨てれますが、使い捨てボトルの多くは配送時にダンボールで梱包されているので、ダンボールゴミも定期的に出るようになります。

 

直結式サーバーではボトルの保管場所も必要なく、ゴミも出ないのでエコにもつながります。スペースを奪われず、ごみ捨ての手間が無いのもメリットです。

デメリット

設置工事が必要な場合も

直結型の場合は水道管のバイバスの工事が必要となります。そのため申込時に設置場所や直結させる部分の写真を送るか、設置業者が確認してからの契約となります。また、一度設置した後は同じ部屋内であっても移動できません。置き場所を変更したい場合は販売店に移設工事を依頼する必要があります。

備蓄水としては弱い

水道を原水としているので地震などの災害で断水した場合は使用することができません。サーバー内のタンクに入っているお水(1L~2L)であれば使用することができますが、それ以上は使えません。宅配式サーバーの場合はストック水があることで「備蓄水」となりますが、直結式サーバーは備蓄水としての機能は望めません。万が一のことを考えてペットボトルのお水を備蓄水として常備しておけば問題ないでしょう。

契約時、解約時の費用が高い

これも水道直結型の話ですが、契約時と解約時にある程度のまとまった費用がかかります。契約時に発生するのは「取付費用」で、解約時には「撤去費用」、契約期間内の解約であれば「解約金」も発生します。会社やプランによって多少変わりますが、それぞれ20,000円前後の料金設定となっています。

天然水に比べ味は落ちる

水道水を利用している為、一般的な天然水ウォーターサーバーに比べて味は落ちます。もちろんカルキの匂いがするそのままの水道水に比べれば美味しいですが天然水には負けます。

定額制や使い放題のウォーターサーバーが適しているのは?

 

水道直結式ウォーターサーバーが適している人

  • しばらく引越しの予定がない人
  • 使用量を気にせずに使いたい人
  • 料理全般にお水を利用したい人
  • スペースを最小限に抑えたい人
  • 注文や配達対応が面倒な人
  • ボトル交換が大変な人
  • 事務所やオフィスなど大人数が利用する場合

 

水道直結サーバーは基本的に工事が必要となります。そのため短期間利用には不向きです。しばらく引越しの予定もなく、大人数で利用する事務所や4人以上の家庭に適しています。最初は設置工事や費用が高いハードルとなりますが、ネックの設置費用も各社プランやキャンペーンによって無料になる場合もあります。設置工事さえ終わってしまえば後は快適なウォーターサーバーライフが待っています。4人以上の世帯で引っ越しの予定もなく、定額料金でお水の量を気にしないで利用したい家庭におすすめです。

 
TOPへ