最終更新日 2019年05月21日

28商品使ってみた結果、おすすめは・・

こちらではウォーターサーバーレンタル歴10年の管理人が、これまで借りた28商品をおすすめ順にランキングしました。

 

家計を管理する立場というのもあり、ランキングは安全性とコストパフォーマンスの2点を重視しています。

 

デザインやキャンペーンで探したい方はメニューからどうぞ。

 

管理人のおすすめランキング

管理人ウォーターサーバーランキング

 

枠内をクリックすると詳細が開きます

ランキング5社の月額比較
メーカー 月額

アクアクララロゴ

3,700円
公式サイトへ

クリクラロゴ

2,917円
公式サイトへ

コスモウォーターロゴ

3,800円
公式サイトへ

信濃湧水ロゴ

3,000円
公式サイトへ

プレミアムウォーターロゴ

3,920円
公式サイトへ

※金額はすべて税抜きで表記しています

※月額料金はレンタル料+お水1セット(24L)の合算です

 

地域別最安値ウォーターサーバーを検索

市町村別最安値ウォーターサーバー

ウォーターサーバーは地域によって送料で高くつきます。

 

こちらでは64社を対象に「送料」も加えた計算で地域の最安値を算出しました。

 

あなたが住んでいる市の最安値がすぐに見つかります。

 

人気の大手5社を徹底比較

人気の大手5社を徹底比較

人気と実績のある大手ウォーターサーバー5社を徹底比較しました。

 

人気の大手5社比較ページへ

【毎月更新】新規、乗り換えキャンペーン情報

新規申し込み

ウォーターサーバー新規キャンペーン

今月新規申込キャンペーンを実施しているメーカーをまとめています

 

新規申し込みキャンペーン一覧へ

乗り換え

ウォーターサーバー乗り換えキャンペーン

今月乗り換えキャンペーンを実施しているメーカーをまとめています

 

乗り換えキャンペーン一覧へ

一人暮らし、ファミリー、赤ちゃん、シニア世帯別におすすめ

ファミリー

ファミリーにおすすめのウォーターサーバーランキングへ

消費量が多めのファミリーは特に費用を抑えたいですよね。コスパに優れたウォーターサーバーをご紹介。

 

ファミリー特集ページへ

一人暮らし

一人暮らしにおすすめのウォーターサーバーランキングへ

デザイン重視!マイルームを彩るサーバーと、一人暮らしに都合がいいシステムの会社を紹介してます。

 

一人暮らし特集ページへ

赤ちゃん

妊婦さんと赤ちゃんにおすすめのウォーターサーバーランキングへ

妊婦さんや赤ちゃんに適したお水とサーバーの選び方や、お得なプランを実施中の会社を紹介してます。

 

妊婦さん特集ページへ

ご年配

ご年配の方におすすめのウォーターサーバーランキングへ

軽量ボトルやサーバー設置など使いやすさ、サービス面を重視したウォーターサーバーを紹介してます。

 

ご年配特集ページへ

使い放題、デザインなどこだわってウォーターサーバーを探す

定額・使い放題

直結式ウォーターサーバーランキングへ

使い放題の定額制ウォーターサーバー。人気3種比較

 

詳細ページへ

最新モデル

最新モデルウォーターサーバーランキングへ

新しいもの好き必見!最新モデルを集めました

 

詳細ページへ

デザイン重視

おしゃれウォーターサーバーランキングへ

デザイン重視!いけてるウォーターサーバーはこちら

 

詳細ページへ

衛生面を重視

安全、衛生的なウォーターサーバーランキングへ

安全面と衛生面を重視のウォーターサーバーはこちら

 

詳細ページへ

卓上タイプ

スリムでコンパクトな卓上サーバー41種のランキング

 

詳細ページへ

軽量ボトル

軽量ボトルランキングへ

誰でも扱える『軽量ボトル』ランキング

 

詳細ページへ

水素水

水素水ウォーターサーバーランキングへ

水素水が飲めるウォーターサーバー12機種を徹底比較

 

詳細ページへ

炭酸水

炭酸水ウォーターサーバー2種

炭酸水が作れるウォーターサーバーはこちらです

 

詳細ページへ

日本の名水

日本全国の名水を扱うウォーターサーバー

日本の名水を扱うウォーターサーバーまとめ。

 

詳細ページへ

20種類以上レンタルして気づいたこと

ぶっちゃけ、ウォーターサーバーに大きな差はない

これまでウォーターサーバーを28商品レンタルしてきましたが、結論を言うとどれも大差ありませんでした。

 

もちろんお水の種類やサーバーの形など違う部分は多々ありますが、気になるのは最初だけ。

 

ぶっちゃけ使い続ければお水の味もサーバーの使い勝手も慣れてしまうんです。

 

それでは何に注意して選べば良いのか?

 

やはりコストパフォーマンスを重視して選ぶのが良いと思います。

 

しかし「安物買いの銭失い」という言葉があるとおり、安くても品質やサービスが悪ければ意味がありません。

 

そこで、管理人は以下の条件に当てはまる会社をおすすめします。

 

みんな知ってる有名な会社

20社以上契約してきた経験から言うと、テレビCMやネット広告に出ている昔からよく聞く名前の会社は何不自由なく利用できました。

 

以前に安さだけで選んだ会社は、水漏れ時に連絡しても対応が悪かったり、解約連絡時には引き止められるといった面倒な思いをしたことがあります。

 

また、放射線物質検査が年に1度の会社も。(有名どころは毎月実施してる)

 

もちろんマイナー会社のすべてがという訳ではありませんが、こういった会社があったのも事実です。

 

以上の経験から誰もが知ってるような有名なウォーターサーバーがおすすめ。

相場より安い4,000円以下なら損してない

いくら有名な会社でも月額料金が高かったら抵抗ありますよね?

 

60社以上の料金を調査した結果、水1セットとレンタル料、合わせて4,000円以下であれば相場より安いと判断しています。

 

なので月額が4,000円以下を一つの目安にして選ぶといいでしょう。

キャンペーン情報を要チェック

多くの会社では新規契約キャンペーンを実施しています。

 

ウォーターサーバーは一生レンタルするものではないので、その時に1番お得な特典がもらえる会社が狙い目なんです。

 

せっかくレンタルするならお得に利用しない手はありませんよね。

 

現在新規キャンペーンを実施している会社の一覧へ

 

 

特に妊婦さんや赤ちゃんがいる世帯限定プランは、一般プランに比べてかなりお得に利用できるので要チェックです。

 

妊婦さんと赤ちゃん世帯におすすめのウォーターサーバーはこちら

 

ウォーターサーバーの電気料金の差

ウォーターサーバーの電力を測定

ウォーターサーバーの電気代はどれくらいなのか?と思い、これまでレンタルしてきたウォーターサーバー全ての電力を計測してきました。

 

計測していて気づいたのは、省エネタイプと従来からあるサーバーとの電気料金に思った以上の差があったことでした。

 

28種を実計測!電気料金トップ3&ワースト3
トップ3 ワースト3

アクアクララアクアアドバンス

アクアクララ

省エネ

570円

良水市場冷温水サーバー

良水市場

非省エネ

1,530円

FRECIOUS dewo

フレシャス

省エネ

600円

うるのんスタンダードサーバー

うるのん

非省エネ

1,500円

フレシャススラット

フレシャス

省エネ

654円

スクエアサーバー

ワンウェイウォーター

非省エネ

1470円

レンタルした28種のウォーターサーバー電気料金へ

 

長期利用ならおすすめは省エネサーバー

トップ3は全て省エネサーバー、ワースト3は全て非省エネサーバーです。電気料金は最高値で1,530円、最安値で570円とその差は月で約1.000円。

 

年間計算すると12.000円も違ってきます。あなどれませんよね?

 

省エネサーバーの中には初回金やレンタル料金が発生するものもありますが、2年も利用すればほとんど電気代で回収できます。

 

長く使えば使うほど安く済むのは間違いないので、特に2年以上レンタルする予定なら省エネサーバーを選択しましょう。

 

メンテナンス(交換)の重要性

メンテナンスの

ウォーターサーバーはお水を扱うものですので衛生面が気になりますよね。家庭でできるセルフメンテナンスとして、出水口やボトル差込口などの拭き掃除はできますが、サーバー内部までは掃除できません。

 

ウォーターサーバーのメンテナンスとは中まで洗浄されたサーバーと交換してもらうことです。定期的に洗浄されたサーバーと交換してくれるので安心して利用できます。

 

「自動洗浄だからメンテナンス無し」は危険?

最近では自動洗浄機能付きのウォーターサーバーが多く見受けられます。自動洗浄とは定期的に高温水を循環させて、内部を衛生的に保つ機能です。設定しておけば後は自動で動いてくれるスグレモノです。

 

でも、自動洗浄タイプは衛生的に長期間利用できるということで、定期メンテナンスを実施していない会社が多いのです。

 

メンテナンスを実施していない会社でもサーバーの交換は可能です。費用はかかりますが、一定の年数(2~3年)が経過したら交換してもらいましょう。

 

潔癖症でも安心!衛生面を重視したウォーターサーバーはこちら

ウォーターサーバーレンタルする前に知っておくこと

 

ウォーターサーバーのお水は天然水とRO水の2種類

天然水はイメージしやすいと思いますが、「RO水?」という方は多いと思います。RO水は簡単に言えば水に含まれる不純物を全て取り除いたお水で「ピュアウォーター」や「純水」とも呼ばれます。それぞれのお水を掘り下げて説明します。

 

天然水の特徴

天然水のイメージ(白川水源)

白川水源

 

ウォーターサーバーで扱われる天然水はすべて国内で採水されているため、日本人に適した軟水となっています。

 

天然水も厳密に言えば採水後に加熱処理されるものと、非加熱処理のものと2つにわかれます。

 

加熱処理は食品衛生法が定めた加熱殺菌(85度以上で30分以上加熱)がほどこされています。安全性が確率されているため多くのメーカーで採用していますが、熱によって天然水特有のミネラルが失われます。

 

非加熱処理は熱を使わず紫外線やオゾンで殺菌するので、天然ミネラルや溶存酸素が豊富でより自然に近いお水となります。

 

デメリットとしては採水と配送コストがかかることで料金が高めとなることです。また、採水地近辺で災害が発生した場合は配送が止まる可能性があります。

 

天然水の最大のウリは産地直送で自然のお水がそのまま飲めること。バナジウムやシリカなどのミネラルが含まれることで、美容や健康を重視する方に利用が多いです。

 

RO水の特徴

RO水のイメージ

引用:アクアクララ

 

お水をRO膜(逆浸透膜)でろ過し、細菌、ウイルス、塩素、放射性物質など全ての不純物が取り除かれた純水です。RO処理されるとミネラルまでも取り除かれます。

 

RO処理後そのままピュアウォーターとして提供する会社と、飲みやすいようにミネラルを加えて提供する会社にわかれます。

 

また、使用する原水は水道水や川の水、天然水など様々ですが、結局どのお水を原水にしてもRO処理されれば出来上がるお水は全てピュアウォーターとなります。

 

例えばクリクラは水道水を利用しているので、採水地を限定せずに全国各地にプラントが作れます。災害があった場合もその周辺のプラントで補うことができるので非常時にも安定供給が可能となります。

 

RO水の魅力は安全性とコスパが高くて災害時でも安定して供給されることでしょう。

 

天然水とRO水の比較表

天然水 RO水
価格帯 高め 安め
安全性
ミネラル 天然ミネラル 調整ミネラル
消費期限 短い 長い
災害時配送 弱い 強い
天然水とRO水どっちがおいしい?

味で選ぶとしたら天然水のほうが美味しいと思いますよね?10年間いろんな天然水とRO水を飲み続けてきた経験で言えば、天然水もRO水もさほど味に違いはありませんでした。でもそれはサーバーで適度に冷やされてる場合です

 

常温で飲み比べるとだいぶ違いがわかります。天然水は本当に美味しい水もあれば、変な後味を感じるものもありました。そのことでメーカーに問い合わせると「採水時期によって味にムラがでる」とのことでした。

 

一方のRO水は味にブレがなく、通年を通して美味しく飲めました。味は常温水で飲まなければわからないレベルです。

 

できるだけコスパを重視するのであればRO水、味にこだわりたいのであれば天然水といった選び方で問題ないでしょう。

 

ワンウェイとリターナブルの違い

ワンウェイ方式(使い捨てボトル)

ワンウェイ方式のボトルはすべて使い捨て

使い捨て容器

ウォーターサーバーの注文システムは2種類あります

運送会社が配達

 

主に使い終わったボトルやパックは家庭ごみとして処分できます。運送会社が配達しているため日時指定が可能です。

 

デメリットは梱包用のダンボールゴミが出る。天然水に多い方式のため価格帯が高めといったところでしょうか。

 

お水は2週間に1回、1ヶ月に1回など、指定した周期で定期的に届く定期配送です。「ノルマ」というやつですが、注文忘れを防いでくれるので便利です。

 

リターナブル方式(返却ボトル)

返却ボトル

リターナブルは自社配送

自社スタッフが配達

 

主にRO水に多い方式。使用されるガロンボトルは固くて丈夫なので積み重ねて保存も可能です。使い終わったボトルは返却するため捨てずにとっておきます。

 

ノルマ(定期配送)ではなく、必要になったらウェブや電話から注文する都度注文。

 

しかし、エリアごとに配送する曜日が定められているため日時指定ができません。

 

家庭ごみが一切出ないので環境にやさしく、価格帯もワンウェイに比べ安く済みます。

 

使用されるガロンボトルのリットル換算
  • 3ガロン:約12L
  • 5ガロン:約19L

 

ワンウェイとリターナブルの比較

ワンウェイ リターナブル

空ボトル

家庭ごみ 回収

水の種類

ほぼ天然水 ほぼRO水

配達エリア

全国対応 地域限定

配送スタッフ

運送会社 自社スタッフ

日時指定

ゴミの量

多い 出ない

料金

高め 安め

配送ノルマ

あり

なし

レンタル料

無料

有料

※全ての会社が当てはまるわけではありません

 

ウォーターサーバー料金の内訳

レンタルする上で毎月発生する金額と発生するかもしれない金額にわけました

 

毎月発生する料金
基本料金

毎月発生する料金です。ほぼ「レンタル料金」ですが、一部には「サポート料」といった独自の基本料金を設ける会社もあります。

 

お水料金

ウォーターサーバーでメインの料金です。天然水は高めに、RO水は安めに設定されています。基本的に12Lボトル×2本といったセットで販売されています。単純に利用本数が多くなるほど料金が上がります。

 

電気料金

ウォーターサーバーは冷蔵庫のように電源を入れたまま利用します。省エネと思ってコンセントを抜くのはNGです。ちなみにサーバー24台を対象に一ヶ月間の電気料金を計測。

 

一番安かったのは570円、一番高く付いたので1,530円でした。長期利用であれば省エネタイプのサーバーを選んだほうが無難です。

発生するかもしれない料金
送料

無料がほとんどですが、本州以外の北海道、四国、九州、沖縄エリアは送料が発生する場合が多いです。天然水の場合は採水地が複数あると、最寄りの天然水お住まいの住所によって送料が発生する場合もあります。

 

メンテナンス料金

会社によって2年~4年に一度メンテナンスとして洗浄済みのウォーターサーバーと交換します。その際に発生する料金ですが、月のレンタル料に含まれている場合もあれば、その都度料金が発生する場合、また無料で行なってくれる会社と様々です。

 

解約金

ウォーターサーバーは契約する期間が設けられています。期間は1年~3年が多く、期間内に解約すると3,000円~20,000円ほどの違約金が請求されます。中には契約期間を設けず、解約金が無料の会社もあります。

 

その他
  • 休止手数料(連続スキップの手数料)
  • ウォーターサーバーを破損した場合の損害賠償

このあたりは普通に利用していれば、まず発生しない料金です。

毎月発生する料金を把握する

ちなみにウォーターサーバーでメインとなる料金はお水代とレンタル料金です。

 

複数の会社と契約してわかるのですが、実際はレンタル無料だとその分お水料金に上乗せされ、お水が安いとレンタル料がかかるという仕組みがほとんどでした。中には送料を大きく乗せる会社もありました。

 

「レンタル無料」や「天然水最安値」などに惑わされず、レンタル料、水代、送料の合算金額を算出して毎月どれくらいかかるか判断しましょう。

 

また、長くレンタルするつもりでも何があるかわかりませんので、解約金のチェックもしておきましょう。

ウォーターサーバーを利用して実感している3つのこと

ウォーターサーバーのメリットは時間短縮と利便性

生活が快適になり時間も短縮

10年利用した経験上、1番の魅力は時間をかけずに温水と冷水が使える利便性です。のどがかわいたらすぐに適度な冷水が飲めて、コーヒーやスープを作る時も、わざわざ一杯分のお湯を沸かす必要がなく簡単に作れます。お湯を沸かす手間や冷蔵庫の開け閉めがなくなります。

 

また、これらの手間がなくなることで時間短縮となります。一つひとつが短い時間かもしれませんが、毎日のことですから「塵も積もれば山となる」ということで結構な時間短縮なると思います。慌ただしい朝の時間、疲れて帰ってきた夜の時間、どんな時でもお湯と冷水がすぐ利用できるって快適です。

備蓄水が確保できて万が一の時も安心

日本は地震が多い国です。

 

加えて水道管が張り巡らされてから数十年経過していることもあり、至る所が経年劣化していると見られ、地震によって断水する箇所が多いとされます。

 

経験された方も多いと思いますが、災害時には水を求めて多くの人がコンビニやスーパーに押し寄せてすぐに売り切れとなります。また、冬場に寒い日が続くことで水道管が凍結して、水道がしばらくの間使えなくなることもあります。

 

ウォーターサーバーはこれら水道にトラブルがあった場合に『備蓄水』に早変わりします。ちなみに管理人は家族を守る大黒柱という立場から、この謳い文句にヤラれましたが、万が一の時でも数日間は家族全員の飲水が確保ができているという安心感が得られました。

ウォーターサーバーがあれば重たい水を運ぶ必要がなくなる

水を運ぶ必要がなくなった

管理人は以前まではスーパーでミネラルウォーターをまとめ買いしていていました。定期的に買いに行くのが面倒で、なにより重たい水を運ぶのが大変でした。ウォーターサーバーを利用してからというもの、車を出す必要もなく重たい荷物を運ぶ手間がなくなりホッとしてます。さらにペットボトルゴミの量が少なくなりました。

 

もし、ミネラルウォーターをコンビニでお水を買い続けているのであればウォーターサーバーを推奨します。何故なら、同じぐらいの費用でウォーターサーバーが利用できるからです。今までペットボトルのお水を買っていた人ほど、ウォーターサーバーの利便性が身にしみるのは間違いありません。

 

あなたにピッタリのウォーターサーバーを見つけてください

あなたにおすすめのウォーターサーバーを

ウォーターサーバーは費用がかることで、一時期は「贅沢品かも・・」と考えたこともありました。しかし、対価として手間なく冷温水が使える利便性、時間短縮、万が一の時の備蓄水、なにより家族に安全なお水を与えられるということを考えると、それほど高いものではないと思い現在も利用しています。

 

当サイトがあなたのウォーターサーバー選びに役立てば幸いです。

 

とことん調査したウォーターサーバー会社の一覧(64社)

※ロゴをクリックで公式サイトへ

アイディールウォーター公式ページへ

アイディールウォーター

アクアセレクト公式ページへ

アクアセレクト

アクアクララ公式ページへ

アクアクララ

アクアマジック公式ページへ

アクアマジック

アルピナウォーター公式ページへ

アルピナウォーター

ウォータエナジー公式ページへ

ウォーターエナジー

うるのん詳細ページへ

うるのん

ウォーターワン公式ページへ

ウォーターワン

ウォーターズウォーター公式ページへ

ウォーターズウォーター

エンジェルスマイル公式ページへ

エンジェルスマイル

オーケンウォーター公式ページヘ

オーケンウォーター

オアシスウォーター公式サイトへ

オアシスウォーター

大峯山の天然水公式ページへ

大峰山の天然水

A・Wウォーター公式ページへ

A・Wウォーター

サンアルプス公式サイトへ

サンアプルス

エフィールウォーター公式サイトへ

エフィールウォーター

MCMのめぐみ公式ページへ

MCMのめぐみ

カープ応援水公式サイトへ

カープ応援水

ガロンウォーターサービス公式サイトへ

ガロンウォーターサービス

クリスタルクリアウォーターズ公式サイトへ

クリスタルクリアウォーターズ

クリクラ公式サイトへ

クリクラ

クリクラミオ公式サイトへ

クリクラミオ

ぞっこん水公式サイトへ

ぞっこん水

コスモウォーター公式サイトへ

コスモウォーター

サクラウォーター公式サイトへ

さくらウォーター

さひめの泉公式サイトへ

さひめの泉

さららいと公式サイトへ

さららいと

サンミネラル公式サイトへ

サンミネラル

信濃湧水公式サイトへ

信濃湧水

島根おいしい天然水公式サイトへ

島根おいしい天然水

スイークレイ公式サイトへ

スイークレイ

スパークの宅配水公式サイトへ

スパークの宅配水

サントリーウォーターサーバー公式サイトへ

サントリーウォーターサーバー

スマイルベビー水公式サイトへ

スマイルベビー水

深層地下水大雪な水公式サイトへ

大雪な水

富士天空水公式サイトへ

富士天空水

Kirala(キララ)公式サイトへ

Kirala

ネイフィールウォーター公式サイトへ

ネイフィールウォーター

ふじおいしい水公式ページへ

富士おいしい水

ふじざくら命水公式サイトへ

ふじざくら命水

フジサンウォーター公式サイトへ

フジサンウォーター

Dr.フューチャー公式サイトへ

Dr.フューチャー

富士の湧水公式サイトへ

富士の湧水

フレシャス公式サイトへ

フレシャス

フレール公式サイトへ

フレール

ピュアハワイアン公式サイトへ

ピュアハワイアン

プレミアムウォーター公式サイトへ

プレミアムウォーター

ヘルシーウォーター公式サイトへ

ヘルシーウォーター

マーキュロップ公式サイトへ

マーキュロップ

メイスイウォーターサービス公式サイトへ

メイスイウォーターサービス

ジャパネット富士山の天然水公式サイトへ

japanet富士山の天然水

四国剣山 森の天水詳細ページへ

森の天水

八雲の天然水公式サイトへ

八雲の天然水

羊蹄のふきだし湧水公式サイトへ

羊蹄のふきだし湧水

ユニマットの宅配水詳細ページへ

ユニマットの宅配水

ライフスタイルウォーター

ライフスタイルウォーター

日本の山水公式サイトへ

日本の山水

良水市場公式サイトへ

良水市場

ワンウェイウォーター公式サイトへ

ワンウェイウォーター

ウォータースタンド公式サイトへ

ウォータースタンド

タプロス株式会社公式サイトへ

タプロス富士山麓の銘水

ウォーターネット公式サイトへ

ウォーターネット

ベルウォーター公式サイトへ

ベルウォーター

カリメラの水公式サイトへ

カリメラの水

 

 

上記メーカーを対象としたウォーターサーバーランキング

ランキングページへ

TOPへ