バナジウム天然水が飲めるウォーターサーバー16商品を比較

バナジウムウォーターウォーターサーバー一覧

 

富士山のバナジウム天然水が飲めるウォーターサーバーをお探しですか?

 

こちらではバナジウム天然水が届く16商品を調査。各商品のバナジウム含有量と料金を一覧にして掲載してます。

 

コスパ重視で選びたい方や、バナジウム含有量を重視したい方におすすめも紹介。

 

あなたにピッタリの商品を見つけて、快適なバナジウムライフを送りましょう。

 

バナジウム天然水ウォーターサーバー16商品比較

メーカー
サーバー

バナジウム含有量
(商品名)

月額※

フレシャス
バナジウムウォーターサーバー「フレシャス」


180μg
(朝霧高原)

5,474円

プレミアムウォーター
バナジウムウォーターサーバー「プレミアムウォーター」


91μg
(富士吉田)

3,974円

マーキュロップ
バナジウムウォーターサーバー「マーキュロップ」


86μg

4,233円

カリメラの水
バナジウムウォーターサーバー「カリメラの水」

82μg 4,020円

富士の湧水
バナジウムウォーターサーバー「富士の湧水」

80μg 4,128円

アキュアマイン
バナジウムウォーターサーバー「アキュアマイン」

70μg 6,500円

kirala(キララ)
バナジウムウォーターサーバー「キララ」

63μg 7,152円

フジサンウォーター
バナジウムウォーターサーバー「フジサンウォーター」

63μg 2,780円

富士の宝物バナジウム63
バナジウムウォーターサーバー「富士の宝物バナジウム63」

63μg 3,952円

エンジェルスマイル
バナジウムウォーター「エンジェスマイル」

63μg
(なごみん)

4,190円

※月額は基本料(レンタル料など)+水1セット(約24L)+送料(関東エリア)の合算。最安のプラン、ウォーターサーバーを選択した場合。

 

 

コスパ重視のバナジウムウォーターサーバーはこの3つ

富士の湧水(バナジウムの恵み)

富士の湧水ロゴ 富士の湧水ウォーターサーバー
バナジウム 採水地 配送エリア
80μg/L 富士箱根伊豆国立公園 全国(沖縄、離島を除く)
レンタル料 水1セット 月額
838円 3,290円(24L) 4,128円
全国送料無料。国産サーバーでおいしくバナジウム天然水が飲める

標高1030mにある富士河口湖町で採水された天然水です。汲み上げたお水は独自技術にてクラスター値を最小化させることで浸透性が増し、より美味しくなったカリメラの水は「日本予防医学行政審議会にて推奨されています。購入ノルマのない都度注文なので自分のペースで続けられます。バナジウム含有量も上から4つ目と豊富。メンテナンスもあるので安心です。

公式サイトへ

富士の湧水の口コミ&レビュー記事はこちら

 

カリメラの水

カリメラの水ロゴ カリメラの水サーバー三種
バナジウム 採水地 配送エリア
82μg/L 富士河口湖町 本州
レンタル料 水1セット 月額
660円 3,360円(24L) 4,020円
バナジウム含有量が多くてコスパも良い優良サービス

標高1030mにある富士河口湖町で採水された天然水です。汲み上げたお水は独自技術にてクラスター値を最小化させることで浸透性が増し、より美味しくなったカリメラの水は「日本予防医学行政審議会にて推奨されています。購入ノルマのない都度注文なので自分のペースで続けられます。バナジウム含有量も上から4つ目と豊富。メンテナンスもあるので安心です。

公式サイトへ

当サイト限定【ボトル5本&レンタル料金半額】特典付き申込みフォームへ

 

Fujisun waterフジサンウォーター

フジサンウォーターのロゴ フジサンウォーターのサーバー
バナジウム 採水地 配送エリア
63μg/L 静岡県富士宮市 東京23区
レンタル料 水1セット 月額
0円 2,780円(24L) 2,780円
コスパ最強。東京23区住みならこれ一択

フジサンウォーターの天然水は富士山の静岡側、富士宮市で採水されます。レンタル料、送料無料。設置も対応してくれます。配送エリアを限定することで手厚いサービスと低価格を実現。バナジウ厶も程よく入っており、続けやすい価格帯のウォーターサーバーです。23区にお住まいの方は要チェックの宅配水サービス。

公式サイトへ

【当サイト限定】特典付き申込みフォームへ

バナジウム含有量とデザインを重視するならこの2つ

FRECIOUS(フレシャス)

フレシャスロゴ フレシャスサーバー
バナジウム 採水地 配送エリア
180μg/L 静岡朝霧高原 全国
レンタル料金 水1セット 月額
550円~ 4,924円 5,474円
バナジウム含有量トップ!オシャレなサーバーで人気の宅配水

バナジウム含有量がぶっちぎりでの「FRECIOUS朝霧高原」。容器の水パックは7.2Lと軽量のため扱いやすく、デザイン性に優れたサーバーも多く扱っています。月額は高めですが、「とにかくバナジウム豊富な天然水が飲みたい!」という人におすすめ。全国に対応で送料無料です。

公式サイトへ

フレシャスの口コミ・詳細ページはこちらです

 

PREMIUM WATER(プレミアムウォーター)

プレミアムウォーターロゴ プレミアムウォーターのウォーターサーバー3種
バナジウム 採水地 配送エリア
91μg/L 静岡富士吉田 関東
レンタル料金 水1セット 月額
0円~ 3,974円 3,974円
関東エリアでコスパの良いバナジウム天然水

人気の宅配天然水メーカー。多くの天然水を取り扱っていますが、バナジウムが豊富な「富士吉田」が届くのは富士山周辺エリアに限定されます。お洒落なウォーターサーバーを多く取り揃えており、部屋のインテリアとしても映えるので人気です。関東エリア在住の方でコスパの良いバナジウム天然水をお探しの方におすすめ。

公式サイトへ

プレミアムウォーターの口コミ・詳細ページはこちらです

バナジウム含有量トップ5商品の比較

料金比較

天然水料金
(容量)

レンタル
料金

月額料金

フレシャス
(朝霧高原)

4,924円
(28.8L)

550円~ 5,474円

プレミアムウォーター
(富士吉田)

3,974円
(24L)

0円~ 3,974円
マーキュロップ

3,520円
(24L)

713円~ 4,233円
カリメラの水

3,360円
(24L)

660円 4,020円
富士の湧水

3,290円
(24L)

838円 4,128円

 

コスパが良いのはプレミアムウォーター

各メーカーのバナジウム天然水1セットと基本料金(レンタル料)を合算した月額料金を出しました。こうして見るとバナジウム含有量トップのフレシャス(朝霧高原)は一番高くなるようです。

 

バナジウム含有量トップ5で一番コスパが良いのはプレミアムウォーター。次いでカリメラの水、富士の湧水という順番となりました。

 

対応エリア

フレシャス
(朝霧高原)

全国(沖縄・離島を除く)

プレミアムウォーター
(富士吉田)

関東
マーキュロップ 関東(一都六県)・青森・山形・福島・新潟・長野・山梨・静岡・愛知・京都・奈良・大阪・兵庫
カリメラの水 全国(沖縄・離島を除く)
富士の湧水 全国(沖縄・離島を除く)

 

プレミアムウォーター、マーキュロップはエリアが限定される

メーカーによって対応しているエリアが異なります。プレミアムウォーターも全国対応ですが、最寄りの採水地から配送されるため、バナジウム天然水「富士吉田」が届くのは関東エリアとなります。

 

全国対応しているのは「フレシャス」と「カリメラの水」、そして「富士の湧水」となります。ちなみ全メーカー送料は別途発生しません。

 

システム比較

水購入 容器 メンテナンス
フレシャス 定期購入 使い捨てパック なし
プレミアムウォーター 定期購入 使い捨てボトル なし
マーキュロップ 定期購入 返却ボトル あり
カリメラの水 都度購入

使い捨てボトル
返却ボトル

あり
富士の湧水 都度購入 使い捨てボックス なし

 

注文方法や水容器、メンテナンスもチェックしましょう

水の購入は「定期購入」と「都度購入」の2種類。定期購入は俗にいう「購入ノルマ」で、一定の周期で自動でお水が届きます。都度購入はその都度お水を注文する仕組みです。容器も使い捨てと返却の2種類あるのでライフスタイルに合うものを選びましょう。

 

メンテナンスはウォーターサーバーの定期交換のこと。メーカーによって交換時期は異なりますが、まるごと交換してもらえるので衛生的に利用できます。メンテナンスがないメーカーは、サーバー自体に洗浄機能が搭載されている場合が多いです。

 

バナジウム含有量にこだわるかコスパ重視か?

各商品のバナジウムの含有量(mg/L)と月額の一覧を掲載しました。こうしてみるとバナジウム含有量が多ければ金額が高いといったことはないようです。

 

とくかくバナジウムの含有量が豊富な水が良い!という方はシンプルに含有量の多いもの。コスパ重視の方は含有量とのバランスを見て選びましょう。

バナジウムの特徴や効果

バナジウムの特徴や効果

バナジウムの主な効果・効能
  • 動脈硬化の予防
  • 糖尿病の予防
  • ダイエット補助効果
  • デトックス
  • 抗酸化作用
  • むくみ解消
  • 抗凝固薬の作用を高める

 

生活習慣病の予防に役立つミネラル

特にバナジウムが持つ効果や効能のなかで最も注目されているのが生活習慣病予防です。脂質の代謝促進作用や血中コレステロールを降下させる働きによって血液がサラサラになり、高血圧や動脈硬化の発症リスクを下げます。

 

バナジウムには血糖値を降下させる作用を持つインスリンと同様の働きが備わっています。さらにインスリンの働きを弱めてしまう遊離脂肪酸の分泌を抑制させる効果もあるので、糖尿病の予防に効果的です。

 

バナジウム1日の摂取量は?

バナジウムは人間の体内に大体50μg~200μgほど存在すると言われています。ではバナジウムは1日どのくらいの量を摂取したら良いのでしょうか。

 

今のところ日本では、1日のバナジウム推奨摂取量については明確に定められておりませんが、だいたい10μg~30μgほどで良いとされています。

 

バナジウムの副作用は?

数々の生活習慣病を予防する効果や効能が備わっているバナジウムですが副作用はあるのでしょうか?

 

過剰摂取による身体への負担は少なからず存在すると言われていますが、今のところバナジウムを含む天然水による副作用などの報告はないようです。

 

バナジウムは富士山が有名

バナジウムは富士山が有名

2013年6月26日、日本政府が推薦していた富士山が世界遺産に登録されたことで、富士山近郊にて湧き出ている天然水の需要が高まっています。

 

なぜ、富士山近郊の天然水に注目が集まっているのかと言いますと、1988年に山梨県環境科学研究所などが水系別の水成分研究を行い、玄武岩が地盤の地下水や伏流水にバナジウムが含まれていることを発見したのです。

 

特に富士山近郊はバナジウムを豊富に含む玄武岩の地盤が日本で唯一「7層」になっており、長い歳月をかけてじっくりとバナジウムが溶け出しているため、日本一バナジウムを含む天然水として人気を博しているのです。

 

バナジウムは地中や海水中、牛乳や蕎麦などに含まれている超微量な元素。人間の体内にも微量ながら存在しているミネラルのひとつです。

 

発見されたのは1801年のことですが、健康や美容に関する効果や効能が認められるようになったのはごく最近のことです。

 

ちなみに商品ごとにバナジウム含有量が異なるのかというと、富士山の天然水といっても採水地が複数あり、採水場所によって含まれるミネラルが異なるからです。同じ含有量なのは採水場所が同じということなのでしょう。