最終更新日 2022年07月05日

南アルプスの天然水の特徴

甲斐駒ケ岳の天然水

3.000メートル級の山々が連なる南アルプス。甲斐駒ケ岳は堆積岩(水成岩)が多く、花崗岩からなっています。

 

花崗岩層に20年以上磨かれた水は、名水百選に選ばれた尾白川や神宮川へ流れます。

 

お水は硬度18~30の軟水の天然水です。

 

南アルプスの天然水が飲めるウォーターサーバー

会社

商品名(容量)

料金/500mlあたり

サントリー天然水ウォーターサーバー詳細へ

南アルプス天然水(7.8L)

1.150円/74円

このページ記載の情報について

※こちらの一覧情報はすべて記載会社のホームページを参考にしています。
※金額は全て税抜き表示です。

北アルプスの天然水の特徴

北アルプスの天然水

日本にある3.000メートル級の山の半分もの数が集中している北アルプス。日本海側からの季節風によってもたらされる大雪は、残雪として真夏でも確認されます。

 

この雪解け水を北アルプスの山々や砂地が長い年月をかけて濾過し、盆地部分に湧き出てきます。

 

大町市内にある「青木湖」の水質は、環境省の調査で類型AAという最高度にランクされているそうです。

 

北アルプスの天然水が飲めるウォーターサーバー

会社

商品名(容量)

料金/500mlあたり

信濃湧水詳細ページへ

信濃湧水(12L)

1.500円/62円

北アルプスの天然水(12L)

1.400円/58円

北アルプスの天然水(7L)

950円/67円

このページ記載の情報について

※こちらの一覧情報はすべて記載会社のホームページを参考にしています。
※金額は全て税抜き表示です。

TOPへ