最終更新日 2020年9月22日

ウォーターサーバー情報記事一覧

解約しようかなと思っても予備のお水が残っていると「水が無くなったらでいっか」とタイミングを逃してませんか?また、水が余っている状態で解約するとウォーターサーバーだけ持っていかれると思ってませんか?今セットしてるボトルの水はもちろん、ストックボトルが余っていても解約できます。いままで何十社と解約してきましたが、「ウォーターサーバーの返却はお水を使いきってからでも大丈夫ですよ」という会社がほとんどでし...

ウォーターサーバーの乗り換え理由は様々ありますが、「維持費が高い」「ボトルが重たい」「ダサい」という声が多いようです。我慢しながら使うくらいなら思い切って乗り換えてみませんか?こちらでは現在乗り換えキャンペーンを実施しているメーカーの一覧と、30回以上乗り換えたマニアのおすすめをご紹介。参考にしてくださいね。

毎月お金がかかるウォーターサーバー。簡単に契約できない商品ですよね。いざ契約してみたら想像と違ったり、使いづらかったり・・水の味に満足できなければがっかりです。それが原因で解約しようと思ったら早期解約で違約金が発生したり。なんか躊躇してしまいますよね。でもご存知ですか?無料でお試しできるウォーターサーバーもあるんです。お試しなのでレンタル料、お水代、違約金など一切かかりません。石橋の上を叩いて渡る...

届いた初日に水漏れが発生しました。ウォーターサーバーが原因で下の階に浸水したり、フローリングの張替えの必要性があった場合、どこまで保証してくれるのでしょうか?ウォーターサーバーの不具合による確たる証拠があれば補償して貰えるはずです。気づいた時点で早急に販売店に連絡しましょう。乾く前に、現場状況を見せた方がいいでしょう。子供が利用しようとしたらやけどしました。宅配水サーバーはいつでも熱いお湯が使える...

設置場所を確認しましょうウォーターサーバーの設置場所として選ばれるのは「キッチン」や「リビング」が多いですが、中には「寝室」に置く方もいらっしゃいます。どの場所でもサーバーの衛生環境や通気性を良くするために、背面と壁は10cm、両側面は5cmは離しましょう。設置する予定のスペースが40cm×40cmあれば大丈夫です。設置に向かない場所屋外直射日光のあたる場所ヒーターやストーブのとなり湿度の高い場所...

ウォーターサーバーは水分補給や健康管理に役立つことからシニア層で借りる方も増えています。しかし、あまり調べないでレンタルすると便利なはずのウォーターサーバーが不便になることもあります。こちらではシニア層がウォーターサーバーを借りる上で気をつけるべきポイントをまとめました。

「ウォーターサーバーってどれくらい電気代がかかるんだろう?」公式ページで発表している料金は本当になのか?そんな疑り深い管理人はこれまでレンタルしたウォーターサーバー全ての電気代を計測してきました。結果、種類によって大きな差があることがわかりました。こちらではこれまで計測してきたウォーターサーバーの実際の電気料金を公開してます。参考にしてくださいね。

毎日利用するお水ですから衛生面は気になって当然です。特に赤ちゃんのために利用したウォーターサーバーが不衛生では意味がありませんよね。ウォーターサーバーのお水は水道のように塩素処理されておらず、水道水より雑菌が繁殖しやすいとされます。そのため各社ウォーターサーバーと水容器には様々な工夫がされています。こちらでは衛生的に利用するためのウォーターサーバー選びのポイントや、メンテナンスの重要性を記載してい...

ウォーターサーバーから冷水と温水を出す時の出水器具には「ボタン式」と「レバー式」と「つまみ式」があります。基本的にどれも問題なく使えるのですが、ここではそれぞれの特徴を紹介しています。「なんだこれ?使いづらいな~」なんてことないように、あなたが使いやすいタイプをチェックしてみてくださいね。【ボタン式】【レバー式】【つまみ式】チャイルドロックは不要?いずれの出水器具にもチャイルドロックが付いています...

ウォーターサーバーで使用される天然水は、採水地や採水後の処理方法が違うことからメーカーによって様々です。こちらでは各会社で扱われるお水のミネラル成分ベスト3と一覧表を掲載してます。ミネラル成分でお水選びたい方は参考にしてください。

RO水を扱う人気ウォーターサーバー会社(12社)を対象に1Lあたりのミネラル含有量を比較しました。ミネラルの種類ごとにランキングを作成しました。安全なRO水の中でも特にミネラルが豊富なお水はこちらです。ミネラル15mg9,8mg9,5mg6,3mg5.5mg3,3mg10,5mg5,0mg5,0.mg4,0mg3,1mg1,8mg天然水のミネラル一覧表ページはこちらです

「放射性物質検査をおこなってます」・・これだけで判断は危険?利用者からの問い合わせが多いそうで、今では多くの会社でお水の放射能検査を実施しています。しかし測定している核種の種類や、検査をおこなう頻度が会社によって違うんです。検査回数が1年に24回と1年に1回とでは全然違いますよね?なのでホームページ情報と電話確認をもとに各ウォーターサーバー会社の放射性検査の実態をまとめました。毎日飲むお水ですから...

重たいボトル。嫌ですよね?ウォーターサーバーで扱われるボトルの標準サイズは12Lです。これってちょっと重たいですよね?どうしてこんな量なのかというと、もともと業務用として使われていたからなんです。加えてボトル設置部分はほとんどが上部にあるので、12Lのお水を持ち上げてセットしなければいけません。万が一、手を滑らせて足元に落としたら大変です。そんな訳でこちらのページでは、軽くて扱いやすい軽量ボトルや...

ウォーターサーバーを実際に借りた人の口コミって参考になりますよね?こちらでは各ウォーターサーバー会社の口コミをまとめてみました。借りる会社の口コミや評判、料金や特長を調べたい方は参考にしてください。ロゴをクリックすると口コミページへ移動します。

結論から言うと、人の好みは様々ですから「これが1番です」といい切ることはできません。ただ、美味しいコーヒーを作るのに共通するのは以下の3点です。コーヒーが美味しくなる3つの「度」お水の鮮度コーヒー抽出液の99%は水分なので、お水の鮮度が新鮮なだけで味わいががらっとかわります。お水の鮮度はコーヒーの味を左右します。水道水を再沸騰させた水や汲み置きの水、加熱処理された天然水ではコーヒー本来の味を引き出...

マニラの首都圏の宅配水業界が活気づいています。フィリピンでは基本的には煮沸しなければ水道水は飲めません。そのため飲料水は、どの家庭、会社でも蒸留水を購入して使っています。街の電気屋さんにはいくつものウォーターサーバーが並んでおり、交換用の5ガロン(約18.9リットル)の蒸留水はコンビニでも販売されています。交換用の蒸留水を扱う宅配水業者は多く、販売されている水は5ガロンで25~50ペソ(約60~1...

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ