最終更新日 2020年10月26日

ウォーターサーバーの電気代。実際どうなの?

 

ウォーターサーバーの電気料金

「ウォーターサーバーってどれくらい電気代がかかるんだろう?」

 

公式ページで発表している料金は本当になのか?

 

そんな疑り深い管理人はこれまでレンタルしたウォーターサーバー全ての電気代を計測してきました。結果、種類によって大きな差があることがわかりました。

 

こちらではこれまで計測してきたウォーターサーバーの実際の電気料金を公開してます。参考にしてくださいね。

 

電力測定器で1ヶ月間の電気料金を測定した結果

これまで計測したサーバー数は35種類。現在の平均金額は986円という結果です。

 

    は省エネサーバー

※画像クリックでレビューページへ

ウォーターサーバー名

1ヶ月の電気料金

ウォーターエナジー

ウォーターエナジーレビューページへ

354円

※冷水専用サーバー

アクアアドバンス

アクアアドバンスレビューページへ

570円

dewo

FRECIOUSレビューページへ

600円

fows

ハミングウォーター「flows」

630円

slat

スラットレビューページへ

654円

dewo mini

dewo miniレビューページへ

660円

らく楽スタイル

らく楽スタイルサーバーレビューページへ

660円

クリクラ省エネサーバー

クリクラ省エネサーバーのレビューページへ

666円

めぐみサーバー

めぐみサーバーレビューページへ

669円

スリムサーバーⅡ

スリムサーバーⅡレビューページへ

690円

らく楽smartプラス

らく楽smartプラスレビューページへ

765円

アクアウィズ

アクアウィズレビューページへ

786円

らく楽スタイルスタンダード

858円

フジサンウォーター

873円

AQUA FAB

アクアファブのレビューページへ

891円

サイフォンショート

サイフォンショートレビューページへ

900円

アクアバンク

アクアバンクレビューページへ

903円

プレミアムウォーター

プレミアムウォータースタンダードサーバーレビューページへ

924円

クリクラミオサーバー

クリクラミオレビューページへ

960円

エンジェルサーバー

エンジェルスマイルサーバーレビューページへ

960円

クリクラFit

クリクラフィットレビューへ

990円

amadana.std

プレミアムウォーターamadana.std

1,020円

アルピナエコサーバー

アルピナエコサーバーレビューページへ

1,098円

国産サーバー

ふじざくら命水国産サーバーレビューページへ

1,150円

HOT&COLDサーバー

日光の雫レビューページへ

1,155円

アクアクレールS

アクアクラアアクアクレールレビューページへ

1,164円

クリクラサーバー

クリクラサーバーレビューページへ

1,260円

スマートサーバー

スマートサーバーレビューへ

1,326円

エフィールウォーター

エフィールウォーターレビューへ

1,347円

アルピナサーバー

アルピナサーバーレビューページへ

1,385円

スクエアサーバー

スクエアサーバーレビューページへ

1,470円

信濃湧水

信濃湧水レビューページへ

1,497円

スタンダードサーバー

うるのんスタンダードサーバーレビューページへ

1,500円

冷温水サーバー

良水市場冷温水サーバーレビューページへ

1,530円

八雲の天然水サーバー

八雲の天然水サーバー

1,638円

電気料金トップ3&ワースト3

トップ3 ワースト3

アクアクララアクアアドバンス

アクアクララ

省エネ

570円

八雲の天然水サーバー

八雲の天然水

非省エネ

1,638円

FRECIOUS dewo

フレシャス

省エネ

600円

良水市場冷温水サーバー

良水市場

非省エネ

1,530円

ハミングウォーター「flows」

ハミングウォーター

省エネ

630円

うるのんスタンダードサーバー

うるのん

非省エネ

1,500円

長期利用ならおすすめは省エネサーバー

トップ3は全て省エネサーバー、ワースト3は全て非省エネサーバーです。電気料金は最高値で1,530円、最安値で570円とその差は月で約1.000円。

 

年間計算すると12.000円も違ってきます。あなどれませんよね?

 

省エネサーバーの中には初回金やレンタル料金が発生するものもありますが、2年も利用すればほとんど電気代で回収できます。

 

長く使えば使うほど安く済むのは間違いないので、特に2年以上レンタルする予定なら省エネサーバーを選択しましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ