最終更新日 2021年06月24日

スノーアルプスをとことん調査しました

スノーアルプスの口コミと評判は?

ボトル交換が簡単です


以前は12Lボトルのウォーターサーバーを利用してましたが、持ち上げるのが大変でボトル交換の度に大変な思いをしてました。スノーアルプスは7Lでしかも天然水ということで乗換えました。お水の美味しさも交換のしやすさも満足してます。

信濃湧水と迷いましたが


信濃湧水と迷いましたがボトルサイズが小さいスノーアルプスに決めました。うちは女性しかいないのでどうしても重たいボトル交換に抵抗がありました。結果は大正解!ボトルの大きさがちょうどよくて簡単に交換できました。

ウォーターサーバーの設置が不安でした


我が家のキッチンが2階にあるため届いたサーバーを設置するのが不安でしたが、ヤマトホームコンビニエンスで設置場所まで運んでくれてすぐにセッティングまでしてくれたので助かりました。念願のウォーターサーバーに家族も喜んでます。

飲水オンリーの使い方


旦那と二人暮らしです。最初は料理にも使っていましたが、消費量が増えたことでコスパが悪くなりました^^;今は飲水だけに使ってます。やっぱり天然水は飲んで味わうものですね。

口コミから見えたスノーアルプスの評判は?

送料や解約金といったコスト面での不満が見受けられました。料理に使用するなど消費量の多い家庭には不向きかもしれません。

 

良い口コミではお水が美味しい。ボトル交換が楽といった声が多かったです。お水の質や普段使いを重視する方に向いているようです。

 

SNOWALPS(スノーアルプス)公式サイトへ

スノーアルプスの宅配水3つの特徴

北アルプス山麓標高1220mの天然水

スノーアルプスの採水地

 

採水地は夏場でも残雪がある爺ケ岳山麓標高1220メートルにある水源。付近には国の天然記念物にも指定されているニホンカモシカやライチョウが生息できる自然豊かな環境が広がっています。

 

工場の周囲には民家や工場が少なく一般人の立入禁止区域のため環境汚染の心配がありません。下流には長野県名産品でもあるわさび畑が多くあり、自然豊かな日本北アルプスで自然濾過された特別なミネラルウォーターです。

 

硬度16の軟水は赤ちゃんのミルクにも安心して利用できます。

 

スノーアルプス1Lあたりのミネラル
カルシウム 5.4mg
ナトリウム 2.7mg
マグネシウム 0.5mg
カリウム 0.5mg
硬度 16mg

 

7.6Lの軽量ボトルだからボトル交換が楽

スノーアルプスのボトルは7.6Lと軽量
一般的な12Lボトルと比べてスノーアルプスのボトルは7.6Lと軽量。ウォーターサーバーの難点であるボトル交換も簡単にできます。

 

使い終わったボトルは潰してペットボトルゴミとして処分可能。リターナブルボトルのようにスペースを奪われません。

料金は定額制

スノーアルプスの料金は定額制

 

スノーアルプスの宅配水は3つの定額制コースから選択します。

スノーアルプスは3つの周期配送から選択

コース 一日目安 月額
1ヶ月に2箱(6本) コップ8杯分 7,182円
1ヶ月に1箱(3本) コップ3.5杯分 4,104円
2ヶ月に1箱(3本) コップ2杯分 3,186円

※スタンダードサーバーの場合

 

初期費用、配送料、メンテナンス料が無料。毎月決まった料金だけの定額制となっています。注文ノルマがないため余裕を持って消費でき、追加ボトルもネットから簡単に注文できます。

 

ボトルが余っていても連絡すれば納品をストップしてもらえます。ストップしたボトルは6ヶ月以内であればいつでも再配送が可能。

水代無料の浄水型ウォーターサーバーもある

スノーアルプスの浄水型ウォーターサーバー

水道水を利用する「浄水型ウォーターサーバー」は3,280円の定額制となってます。抽出口が高めにあることで使い勝手が良く、黒を基調としたお洒落なサーバーはグッドデザイン賞を受賞しています。

 

タンク内を衛生的に保つ「抗菌パック」を追加。UV殺菌と抗菌ビーズによってタンク内の抗菌性を高めます。毎年のフィルター交換も無料となっています

 

公式サイトへ

レンタル前の要チェックポイント

2種類の宅配水型ウォーターサーバーの違い

宅配水プランでは2種類のサーバーを扱っています。それぞれ比較してみました。

 

スノーアルプススタンダードサーバー

スタンダード

スノーアルプスプラチナサーバー

プラチナ

料金比較 スタンダード プラチナ
1ヵ月1箱コース 4,104円/月 4,644円/月
1ヵ月2箱コース 7,182円/月 7,722円/月
2ヵ月1箱コース 3,186円/月 3,726円/月
契約期間 2年 2年
解約金 16,500円 22,000円
サーバー交換 11,000円 16,500円
機能性比較 スタンダード プラチナ
サイズ

横幅:31cm
奥行:33cm
高さ:98cm

横幅:31cm
奥行:36cm
高さ:110cm

出水方法 レバー ボタン
ロック強度
卓上タイプ あり なし
停電時 使用可能(常温) 使用不可
省エネ機能 ×
ボトル設置箇所 上部 下部

※金額は全て税込み表記

どっちのプランを選ぶべき?

スタンダードサーバーは必要最低限の機能を備えたシンプルなレバー操作。コンパクトサイズで置き場所に困りません。停電時も使用できるため万が一の時も安心です。

 

プラチナプランは省エネ機能やUV殺菌が搭載された高性能サーバー。全てボタン操作となってます。ボトルを持ち上げる必要がない足元交換です。

 

チャイルドロックはどちらにも標準装備されていますがロックの強度はプラチナサーバーのほうが強いでため、小さいお子さんがいるなどロック機能が必要な環境であればプラチナプラン。ロックが不要であればシンプルでレンタル料金も安いスタンダードプランがおすすめです。

公式サイトへ

「スタンダードサーバー」をレンタルしてみた!

スノーアルプスのスタンダードサーバーレンタルしてみた

 

スタンダードサーバーをレンタルしました。気付いたことを思ったまま書いてます。

 

スタンダードサーバーの使い勝手は?

冷水と温水の様子

容器を持って押し付けるレバータイプ

冷水も温水も容器を持ってレバーに押し付けて給水します。操作方法がシンプルなので使い勝手が良いです。受け皿から取水口までの高さが低いため容器を置いて給水するには向いてません。

 

温水側は常時ロックがかかっており、レバー上部の突起ボタンを押すことで解除できます。冷水側はロック機能がないので小さなお子さんがいる場合はなんらかの対策が必要かもしれません(子供が好きそうな色だし)

 

冷水と温水の温度を測ってみた

スノーアルプススタンダードサーバーの冷水と温水の温度

冷水 温水
約5.5℃ 約83℃

冷水と温水それぞれの温度を計測。時間帯によって多少前後しますが大体これぐらいの温度でした。お茶やコーヒーを作るのに丁度いいです。カップ麺も作れますが熱々が食べたい場合は沸騰させたほうが良さそう。

ボトル交換は?

スタンダードサーバーのボトル交換

ボトル交換史上いちばんカンタンかも

ボトルの水が空になったらボトル交換のタイミングです。空ボトルを抜き、差込口周辺を拭いてから新しいボトルを差し込みます。

 

スノーアルプスのボトルは7.6Lと軽量。加えて最込口の高さが98cmと低いのでボトル交換がとても簡単でした。

ゴミの量は?

スノーアルプス水1セット分のゴミ

水1セット分のゴミ

一個のダンボールに3本入りだからゴミ少なめ

お水は1つのダンボールに3本入って届きます。なので使い捨てボトルと梱包用ダンボールの2種類のゴミがでます。

 

ペットボトルは足で踏めば写真のように小さくなるのでかさばらずに捨てられました。ボトルごとの梱包するメーカーと比べるとゴミの量は少なく済みますね。

ウォーターサーバーのお手入れは?

スノーアルプスのスタンダードお手入れ

水回りの拭き掃除がメイン

普段のお手入れは水まわりの拭き掃除。受け皿も定期的に外して水洗いします。

 

外装部はキッチン用の中性洗剤を使って拭きます。サーバー背面はホコリが溜まると冷却効果が下がるようなので溜まってないかたまにチェックしましょう。

 

メンテナンスは3年以上で無料交換してもらえるようですが、利用者から連絡しないと対応してもらえないようです。忘れないように利用年月日を記入したメモでもサーバーに貼っておきましょう。

電気料金は?

電気料金がどれくらいかかるのか電力表示器で計測してみました。

 

  • 1日目 46.2円
  • 2日目 44円
  • 3日目 39.1円
  • 4日目 38.4円
  • 5日目 41.9円
  • 6日目 40円
  • 7日目 38.5円

スノーアルプススタンダードサーバーの電気代

 

1日の電気代

約41.1円

1ヶ月の電気代

約1,233円

 

費省エネサーバーにしては電気代が安い

スタンダードサーバーに省エネ機能は付いていません。しかしながらこれまで計測した同じ非省エネサーバー(11種類)の中で4位という好成績となりました。

デザイン・サイズ・静音性

スノーアルプススタンダードサーバーとボトル

スノーアルプススタンダードを斜め上から

スタンダードサーバーのサイズ
奥行き 高さ
31cm 33cm

98cm
127cm(ボトル込)

スリムサイズで音が静か

白を基調としたウォーターサーバーです。デザイン性に関してはダサくはありませんがオシャレとも言えないですね。

 

ボトル差込口や給水口など全体的に低めに設計されています。サイズもコンパクトなので置き場所に困りません。

 

前後左右から押してもバランスが良く、多少の揺れでは転倒する心配はなさそうです(転倒防止ワイヤーは付いてないので必要な場合は別途用意)

 

静音性も高く、加温時の音も静かなので寝室に置いても問題ないと思います。

スタンダードサーバーの「個人的な」総評

スノーアルプスのスタンダードサーバーレンタルしてみた

スノーアルプスのスタンダード総評

良いと思ったポイント

  • 飲水専用として使いやすい
  • どこでも置けるスリムサイズ
  • 静音性が高い
  • ボトル交換が簡単
  • 停電時でも使用できる(時間がたてば常温水)

気になるポイント

  • 冷水ロックなし(小さいお子さんがいる場合)
  • 容器を置いて給水には向いてない
ストレスフリーなウォーターサーバーでした

シンプルなウォーターサーバーという感想です。余計な機能が付いてないので「めんどくさ!」という思いをすることはありませんでした。

 

サイズ感が良く、音も静か。普段のお手入れも楽です。ボトル交換も簡単で、いつも人にやらせるかみさんが自ら交換するほどです。

 

ただ、操作レバーや取水口が低い位置にあり、ロック機能も簡易的なので小さいお子さんやペットがいらっしゃる家庭では何かしらの対策が必要かもしれません。(ロック強度が強い「プラチナサーバー」のがいいかも)

 

8週間に一度の定期配送では消費量の多い5人家族の我が家では足りず、追加ボトルの頻度も増えるので不向きでした。

 

消費量が少なくなおかつ飲水専用として利用したい方に向いてるサービスだと思います。

公式サイトへ

料金・システムと会社概要

スタンダードサーバー(ロング&ショート)
1ヵ月に1箱コース 4,104円
1ヵ月に2箱コース 7,182円
2ヵ月に1箱コース 3,186円
追加ボトル

3,510円
1箱3本(22.8L)

設置作業依頼 8,000円

 

プラチナサーバー
1ヵ月に1箱コース 4,644円
1ヵ月に2箱コース 7,722円
2ヵ月に1箱コース 3,726円
追加ボトル

3,510円
1箱3本(22.8L)

設置作業依頼 8,000円

 

浄水型サーバー
レンタル料 3,280円
サーバー送料事務手数料 2,200円
フィルター交換

0円(1年に一度)
※希望追加フィルターは8,360円

サーバー交換 9,800円
解約手数料

19,800円
※2年未満解約

 

配送エリア・支払い方法
配送エリア 九州地方、四国地方、北海道、沖縄県、一部離島を除く全国
支払い方法 クレジットカード(Visa、MasterCard、JCB、AmericanExpress、Diners)
会社概要
  • 会社名:SnowAlps運営事務局(株)大和
  • 所在地:大阪府堺市北区常磐町3-11-9
  • URL:https://www.snowalps.co.jp/

 

公式サイトへ

TOPへ