最終更新日 2020年7月5日

スノーアルプスをとことん調査しました

スノーアルプスの口コミと評判は?

送料が高い


北アルプスの天然水に惹かれて注文しました。使い勝手もよくお水も美味しいのですが送料がが高い。うちは毎回2セット注文してるので送料だけで2,000円もかかるので悩みどころ。

ボトル交換が簡単です


以前は12Lボトルのウォーターサーバーを利用してましたが、持ち上げるのが大変でボトル交換の度に大変な思いをしてました。スノーアルプスは7Lでしかも天然水ということで乗換えてました。お水の美味しさも交換のしやすさも満足してます。

信濃湧水と迷いましたが


信濃湧水と迷いましたがボトルサイズが小さいスノーアルプスに決めました。うちは女性しかいないのでどうしても重たいボトル交換に抵抗がありました。結果は大正解!ボトルの大きさがちょうどよくて区もなく交換できました。

ウォーターサーバーの設置が不安でした


我が家のキッチンが2階にあるため届いたサーバーを設置するのが不安でしたが、ヤマトホームコンビニエンスで設置場所まで運んでくれてすぐにセッティングまでしてくれたので助かりました。念願の天然水サーバーに家族も喜んでます。

飲水オンリーの使い方


旦那と二人暮らしです。最初は料理にも使っていましたが、消費量が増えたことでコスパが悪くなりました^^;今は飲水だけに使ってます。やっぱり天然水は飲んで味わうものですね。

口コミから見えたスノーアルプスの評判は?

送料や解約金といったコスト面での不満が見受けられました。使用量が多い家庭には不向きかもしれません。

 

良い口コミではお水が美味しい。ボトル交換が楽といった声が多かったです。お水の質や普段使いを重視する方に向いているようです。

 

SNOWALPS(スノーアルプス)公式サイトへ

スノーアルプスが選ばれる3つの理由

口あたりなめらかな軟水の天然水

スノーアルプスの採水地

採水地は夏場でも残雪がある爺ケ岳山麓標高1220メートルにある水源。付近には国の天然記念物にも指定されているニホンカモシカやライチョウが生息できる自然豊かな環境が広がっています。

 

工場の周囲には民家や工場が少なく一般人の立入禁止区域のため環境汚染の心配がありません。下流には長野県名産品でもあるわさび畑が多くあり、自然豊かな日本北アルプスで自然濾過された特別なミネラルウォーターです。

 

硬度16の軟水は赤ちゃんのミルクにも安心して利用できます。

 

スノーアルプス1Lあたりのミネラル
カルシウム 5.4mg
ナトリウム 2.7mg
マグネシウム 0.5mg
カリウム 0.5mg
硬度 16mg
7.6Lの軽量ボトルだからボトル交換が楽

スノーアルプスのボトルは7.6Lと軽量

一般的な12Lボトルと比べてスノーアルプスのボトルは7.6Lと軽量。ウォーターサーバーの難点であるボトル交換も簡単にできます。

 

使い終わったボトルは潰してペットボトルゴミとして処分可能。リターナブルボトルのようにスペースを奪われません。

ウォーターサーバーの設置が現在無料サービス中!

スノーアルプスのウォーターサーバーは無料で設置

ウォーターサーバーの設置ができるか不安ですよね?スノーアルプスでは初回特典としてウォーターサーバーの設置料6,000円が現在無料です。

 

ヤマトホームコンビニエンスにてプロのスタッフが対応してくれるので安心。届いたその日からすぐに使えるようにセッティングしてくれます。

 

レンタル前の要チェックポイント

2種類のウォーターサーバーの違い

スノーアルプスでは2種類のウォーターサーバーを扱っています。それぞれ比較してみました。

 

スノーアルプスのスタンダードサーバー

スタンダード

スノーアルプスのプラチナサーバー

プラチナ

比較項目 スタンダード プラチナ
料金 0円/月 1,350円/月
メンテナンス 3年 5年
出水方法 レバー ボタン
卓上タイプ あり なし
停電時 使用可能(常温) 使用不可
省エネ機能 ×
ボトル設置箇所 上部 下部
どっちのサーバーをレンタルするべき?

レンタル料金がかかるプラチナのメリットとしては電気代は安くなるのと、ボトルを持ち上げる必要がない足元設置。タンク内のUV殺菌されていることでしょう。ただし停電時は使用できない、床上タイプのみというデメリットがあります。

 

スタンダードは卓上と床上どちらもあるので置き場所に困りません。ボトル設置箇所が上部ですが軽量ボトルなので問題ありません。停電時も使用可能なため万が一時も安心。ちなみにチャイルドロックはどちらにも標準装備されています。

 

メンテナンスのタイミングが2年もの開きがあるのもポイント。プラチナにUV殺菌が搭載されていますが、衛生面を考慮すると交換はできるだけ短い頻度のほうがいいでしょう。よってレンタル無料のスタンダードがおすすめ。

 

解約時にかかる料金は高め

スノーアルプスは契約期間(3年)未満で解約するとサーバーの「引取手数料」と「解約金」と2つの料金が発生します。

 

引取手数料
  • スタンダードサーバーは3年未満の解約で12,000円
  • プラチナサーバーは3年未満の解約で15,000円
解約金「契約期間3年(36ヶ月)以内での解約時の解約金」
  • スタンダードサーバーの場合:残りの契約月数×650円
  • プラチナサーバーの場合:残りの契約月数×1,350円

 

1年で解約した場合にかかる料金
サーバー 引取手数料 解約金 合計
スタンダード 12,000円 15,600円 27,600円
プラチナ 15,000円 32,400円 47,400円
引取手数料と解約金のダブル違約金で高く付く!

満一年利用して解約した場合は上記の料金が発生します。決して安くないですね。スノーアルプスを利用する際はしっかり3年間利用する頭で契約しないと解約時に痛い出費となります。

会社概要と料金詳細

会社概要
  • 会社名:SnowAlps運営事務局(株)大和
  • 所在地:大阪府堺市北区常磐町3-11-9
  • URL:https://www.snowalps.co.jp/

 

レンタル料金
(スタンダードサーバー)

0円
レンタル料金

(プラチナサーバー)

1,350円
天然水/本 1,000円
送料/1セット 1,000円
配送エリア 全国(沖縄、離島を除く)
支払い方法 クレジットカードのみ

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ