最終更新日 2021年07月27日

エブリィ フレシャスをとことん調査しました

エブリィ フレシャスの口コミと評判は?

まってました!フレシャスの浄水サーバー♪


フレシャスのサーバーデザインが好きでレンタルしたかったけど、お一人様のワタシには天然水はお高いのです。エブリィフレシャスminiは気になってたデュオminiの浄水バージョン。定額制ということもあって利用しました。サイズもコンパクトなのでどこにでも置けます。ホント便利ですよ!

ECOボタンの使い勝手がいい


私は基本冷たい水を飲まないので常に冷水をECOモードにしています。こうするとが弱冷水となるのでちょうどいいです。加えて省エネになるので電気代も安くなり一石二鳥ですよ。

水タンクの掃除が面倒かな


定額の使い放題サーバーを探してました。エブリィは置き場所に困らなそうなサイズ感だったのでレンタルしました。使い勝手は文句ないけど、タンクを定期的に水洗いするのがめんどい。まー慣れるけど最初はめんどかった。

タンクの容量が小さめ


すぐに冷水と温水が使えるのはホント便利だね。ただ貯水タンクの大きさが3.3Lと小さいので給水頻度は多めかな。あんまりジャバジャバ使うタイプじゃないと思うよ。前に利用してた宅配水のように飲みきれなくなる心配がないから気楽だよ。

快適になりました♪


工藤静香さんが宣伝してたのを見ました。「自分の好きなニーズに合わせた温度で飲めるっているのがすごく嬉しいな」と仰ってたので便利そうと思いレンタル。水道を注ぐだけで簡単に冷水と温水が使えるってホント快適です。

ちびっ子がいても大丈夫です


うちには動き回る怪獣がいます(笑)every frecious miniは小型なので子供の手の届く高さですが、温水と冷水それぞれにチャイルドロックがかけられるので問題なく利用できてます。毎日美味しくいただいてま~す!

公式サイトへ

エブリィ フレシャスmini3つの特徴

浄水されたおいしい冷水と温水がすぐに作れる

エブリィフレシャスミニは冷温水の浄水サーバー

 

エブリィフレシャスは浄水型のウォーターサーバーです。水道水をタンクに注ぐだけで浄水されたおいしいお水が作れます。

 

冷水はもちろん、温水を使ってコーヒーやスープが湯沸かしの手間なくささっと作れます。もちろん赤ちゃんのミルクも素早く作れます。

 

宅配水のように消費量を気にする必要がないので、料理などにも遠慮なく使えるのが嬉しいですね。

 

お洒落なだけじゃない!コンパクトサイズの中に高性能がぎっしり

エブリィフレシャスはお洒落で高性能な浄水サーバー

 

エブリィフレシャスminiはプロダクトデザイナーが手がけた見た目が美しく使いやすいデザイン。

 

カラーはマットブラックとマットホワイトの2色から選べます。サーバー前面はマットな質感でサイドと背面は鏡面仕様とお洒落な浄水サーバーです。

 

サイズは幅が25cm、奥行きが29.5cm、高さが47cmと浄水型ウォーターサーバーの中で最もコンパクトです。

 

エブリィフレシャスminiはUV-LEDやデュアルタンクで衛生的に利用できる

 

サーバー内部には水を新鮮な状態に保つUV機能を搭載。タンクは冷水、温水ごとの独立したデュアルタンクとなっており、空気に触れることがないので常に清潔を保ちます。

 

部屋の明るさを感知して、使用しない夜間などの不要な電力の消費を抑える光センサーも搭載。コンパクトなのに便利機能が満載の浄水サーバーです。

 

料金は安心の定額制

every frecious miniのレンタル料金は定額制
えぶりぃふれしゃすみにの初期費用やカートリッジは無料

 

かかる料金は毎月のサーバーレンタル料金(3,300円※税込)のみ。サーバー配送料が無料。登録事務手数料もなく、取付工事もないので初期費用0円ではじめられます。

 

半年に一度の頻度で交換用浄水カートリッジも無料。定額制の浄水サーバーの中でトップクラスのコスパです。

 

 

公式サイトへ

 

エブリィフレシャスミニをレンタル!使い倒してみた

エブリィフレシャスミニをレンタルしてみた

 

エブリィフレシャス「mini」をレンタルしました。初期設置やフィルターの取り付け、普段のお手入れ方法。実際の使い勝手や電気料金など掲載してます。

 

サーバーの初期設置

エブリィフレシャスミニが届いた

 

届いた荷物はダンボール1つ。開けるとサーバー本体とフィルター、説明書が入ってます。ごちゃごちゃしてなくて良い。

 

初期設置の手順はざっくりこんな感じ

 

  1. サーバーを設置場所まで運ぶ
  2. フィルターカートリッジのセット
  3. 貯水タンクに水道水を入れる
  4. 電源プラグを差し込む
  5. 冷水と温水をコップ5杯づつ出して捨てる(カートリッジ能力を安定させるため)
  6. 背面の「HOT」「COLD」スイッチを入れる

 

手順の詳細は説明書にイラスト付きでわかりやすく書いてありました。

 

フィルターカートリッジをセットする

エブリィフレシャスミニに浄水フィルター

差し込んで右に回すだけなので簡単

届いたサーバーにはフィルターがセットされていません。同梱されているフィルターは自分でセットします。

 

差込口のシールを剥がし、フィルターのキャップを外して差し込み右に回すだけ。実際にやってみると工具も握力も必要ないので簡単でした。新しいフィルターが届いてもササッと交換できそうです。

 

貯水タンクへ水道水を注ぐ

エブリィフレシャスミニ(タンクを外して給水)

水道蛇口から給水

ウォーターサーバーから貯水タンクを外して、水道蛇口まで持っていって給水。

 

タンクを持ちながら水道を注ぐと、どんどん重くなるので片手では持ちづらくなります。タンクの取っ手がへんな位置にあるのも原因。

 

でもキッチンの流しや洗面台にタンクを直置きして給水するのは衛生的で気になるトコロ。しかしタンクをよく見てみると汚れがつかないように設計されてました。

 

エブリーフレシャス貯水タンクの底

 

平らなところにタンクを置いて真横から撮った写真です。よくみると接続部分が地面と接していないことがわかります。なのでタンク置いて給水しても汚れる心配はありません。

 

エブリーフレシャスミニの貯水タンクは水漏れする

 

お水を入れすぎると水が漏れる

タンクを外して給水する際に、お水を満タンに入れてしまうとフタの部分から水が漏れます。給水量は写真の青のラインがベスト。

 

多めに入れると運ぶ最中に水をこぼしてしまいます。給水頻度を少なくしようとついつい多く入れちゃいますが面倒くさがっちゃダメですね。

 

エブリィフレシャスミニ(タンクを外さずに給水)

水差しで給水するのが安全だし楽でした

サーバーからタンクを外さず、セットされているタンクに直接給水したほうが簡単です。3Lほど入る水差しがあると便利ですよ。

 

タンクに補充できればどちらでもいいですが、個人的には水差しで給水したほうが楽でした。

 

ここまで終わったら電源プラグを差し込んで、温水冷水それぞれからコップ5杯出し、背面のスイッチをONで初期設置は完了です。思ってた以上に簡単でした。

 

エブリィフレシャスミニの冷水と温水、給水方法の様子

 

梱包材は捨てずに取っておく

レンタルしたサーバーはいずれ返却するので、その時用にダンボールや発泡スチロールは取っておきましょう。そのままだとかさばるので、ダンボールを折りたたんで発泡スチロールと一緒にひもで結んで保管してます。

 

エブリィフレシャスの梱包材

 

仮に捨てても返却時に自分で梱包材を用意できれば問題ないです。

 

使い勝手はどうなの?

エブリーフレシャスミニの操作パネル

 

ボタンが大きく操作しやすい

冷水と温水は前面上部についているボタンで操作します。HOTが温水、COLDは冷水、その間にあるカギマークはロック解除ボタンです。出荷状態では温水側のみロックがかかっていますが、冷水にもロックををかけることが可能です。

 

給水はボタンを押している間は出続けて、指を離すとゆっくり止まります。お水の勢いも問題なくストレスなく使えました。誤操作のしようがないほどスッキリまとまっている。

 

使い勝手の良いECOモード

ECOボタンは冷水、温水それぞれに付いてます。冷温水のいずれかを省エネ運転にしたり、どちらも省エネ運転にすることができます。

 

電気代が安くなるというメリットのほかに、設定温度が変わることでお水の使い分けが可能。たとえば、あまり冷えてないお水が飲みたい場合は冷水エコモード、赤ちゃんにミルクを作る回数が多ければ適温(70℃)の温水エコモードにするといった使い方です。

 

また、サーバー背面にある「SLEEP」スイッチをONにすると、部屋の明るさを光センサーが察知して自動でECOモードに切り替わります(温水のみ)

 

スイッチを入れるだけで省エネ効果があるので、初期設置の際に忘れずにONにしておきましょう。

 

通常時とECOモード時の給水温度
通常 ECOモード
冷水 5℃~10℃ 15℃前後
温水 80℃~85℃ 70℃前後

 

テキスト

 

背の高い容器は置いて給水できない

取水口と受け皿の間は15cm。一般的なコップやマグカップなどは置いて給水できますが、500mlペットボトルなどの高さがある容器は斜めに持ちながら給水する必要があります。

 

お手入れは簡単?

エブリーフレシャスミニのエアフィルター掃除

 

背面エアフィルターの掃除(1ヶ月に1回)

サーバー背面のエアフィルターが汚れると冷却性能が弱まる原因になるそうです。掃除方法は背面スイッチをOFFにして電源プラグを抜き、プラスドライバーを使ってエアフィルターカバーを外します。カバーを外したらエアフィルターを取り出し、掃除機などでホコリを取ります。エアコンフィルターみたいなものですね。

 

エブリーフレシャスミニのコックキャップ掃除

 

取水口やドリップトレイの掃除(1週間に1回)

取水口やドリップトレイ(受け皿)は汚れやすいのでこまめに掃除します。出水口のコックキャップやドリップトレイは外して水洗いします。出水口は1つだけなので、冷水や温水が独立しているタイプより楽ですね。

 

エブリーフレシャスミニの貯水タンク掃除

 

貯水タンクと給水口(3日に1回)

掃除頻度がもっとも多いのは「貯水タンク」周り。タンクをサーバーから外して中性洗剤で洗った後はよくすすぎます。タンクを設置する給水口はお水が溜まっていたら拭き取り、差込口は綿棒を使って掃除します。

 

取水口やタンクなど水回りの掃除がメイン

基本的に水洗いと拭き掃除だけ。ホワイトカラーは汚れが目立つので気づいたら拭くようにしてます。背面のエアフィルター掃除に関しては工具(プラスドライバー)がいるのでフィルター交換より面倒かも。

 

エブリィフレシャスミニの電気代は?

エブリィフレシャスミニの電気料金(1日分)

通常モードとECOモード(SLEEP)の電気料金
通常 SLEEPオン
1日目 32.6円 14.8円
2日目 18.9円 13.9円
3日目 19.1円 13.7円
4日目 18.2円 14円
5日目 17.7円 14.3円
6日目 16.2円 13.5円
7日目 17.1円 13.8円
1日平均 約19.9円 約12.5円
1ヶ月平均 約597円 約375円
電気代はかなり安い

エブリィフレシャス公式サイトに記載されている電気代は「約410円/月~」。こうしてみると通常使用とECOモード使用のちょうど間ぐらいの金額ですね。

 

この金額が高いか安いかですが、相当安いです。ECOモード測定ではSLEEP機能だけでこの結果なので、普段からECOボタンを駆使したら更に安くなると思います。

エブリィフレシャスミニの総評

エブリィフレシャスミニをレンタルした結果

 

良かったトコロ
  • 初期設置が簡単
  • ボタン操作で使いやすい
  • どこにでも置けるコンパクトさ
  • フィルター交換が簡単
  • 電気代が安い
気になるトコロ
  • 消費量が多いと給水頻度が増える(タンク容量が小さめ)
  • ちょうどいい高さの台が必要
  • 月に1回のエアフィルター掃除を忘れそう
いや、良いと思いますよ。これ

サーバーは軽量な上に取っ手が付いてるので運びやすく、コンパクトサイズのため置き場所も困りませんでした。最低限のスペースがあればどこにでも置けそうです。

 

ボタン操作で使い勝手も良く、普段使っていて不便に感じることはありません。フィルター交換も思った以上に簡単。ただ、給水タンクが3Lなので使用量が多いとすぐにタンクが空になります。普段のお手入れは拭き掃除がメイン。小型なので時間もかからずササッとできます。

 

我が家では2階の仕事部屋に置いてます。今まではいちいち水を汲みに1階のキッチンまで行ってましたが、エブリィフレシャスミニを設置してから快適に仕事ができてます。

 

レンタル料は定額制の浄水サーバーの中でもトップクラスの安さ、電気料金も安いので相当コスパがいいと思います。設置場所を選ばずに美味しいお水が使い放題。デザインもお洒落なので大満足の浄水サーバーでした。

公式サイトへ

レンタル前の要チェックポイント

サーバー設置やカートリッジ交換は自分で行う

エブリィフレシャスminiは佐川急便が届けます。玄関まで届けてくれますがそこからは利用者自身で運んで設置しなければなりません。

 

とはいってもサーバー本体は8.3kgと軽量。大人なら問題なく運べるでしょう。設置自体も組み立てるといった作業がないので簡単です。

 

エブリィフレシャスのカートリッジ交換

 

カートリッジは6ヶ月に一度届きます。届いたカートリッジは利用者自身で交換します。

 

カートリッジ交換と聞くと難しいと思われる方もいるでしょうが、工具も必要なく力のいる作業でもないので簡単です。使い終わったカートリッジはプラスチックごみとして処分します(各自治体の規則に基づいて処分)

 

基本的にメーカー側からの訪問メンテナンスはないということは知っておきましょう。

 

 

お水は天然水ではない

エブリィフレシャスは天然水ではない

 

「フレシャス」と言えば宅配水の有名ブランドで「天然水」というイメージがあります。そのためエブリィフレシャスを天然水と誤認してしまう方がいるかもしれません。

 

エブリィフレシャスは天然水ではなく、水道水を浄水するウォーターサーバーです。天然水が飲みたい方はこちら(天然水フレシャス公式サイト)からどうぞ。

 

エブリィフレシャスの浄水カートリッジ

 

使用する水は水道水

エブリィフレシャスは水道水専用の浄水サーバーです。水道水に含まれる「家庭用品品質表示法で定められた除去対象物質」の13物質と「その他」の3物質をしっかり除去します。

 

(家庭用品品質表示法で定められた除去対象物質)

遊離残留塩素 / カビ臭(2-MIB) / 1,1,1-トリクロロエタン / ブロモホルム / 濁り / 農薬(CAT) / クロロホルム / 総トリハロメタン / テトラクロロエチレン / ブロモジクロロメタン / 溶解性鉛 / トリクロロエチレン / ジブロモクロロメタン

(その他3物質)

水銀 / アルミ /鉄

材料の種類 PP樹脂
ろ材の種類 不織布、活性炭、中空糸膜、ATS (鉛除去材)
ろ過流量 1.3L/分
ろ材の取換時期の目安(一個あたり) 1日3.3L使用の場合6ヶ月

■注意事項
※水道水水質基準に合格した水をお使いください。
※ろ材の取換時期の目安は、使用水量、水質により異なります。

 

 

解約金がいくらか知っておく

エブリィフレシャスの規定利用年数は3年です。3年未満で解約すると以下の利用年数ごとに解約金が発生します。

 

年数 解約金
1年未満 22,000円
1年経過後2年未満 16,500円
2年経過後3年未満 11,000円

 

1年未満で解約した場合、22,000円とかなりお高めな解約金が発生します。短期利用で検討している方は解約金もしっかりチェックしておきましょう。

料金・システムと会社概要

レンタル料金 3,300円
初期費用 0円
カートリッジ交換 0円
本体・カートリッジ送料 0円
サーバー交換手数料

1年未満:14,300円
1年経過後2年未満:8,800円
2年以上経過:5,500円

対応エリア

北海道・本州・四国・九州
※沖縄県及び離島等の一部地域において本サービスは提供できません。

支払い方法

クレジットカード
VISA/JCB/Master Card/Diners/AMERICAN EXPRESS
※デビットカードはご利用いただけません。

会社概要
  • 会社名:富士山の銘水株式会社
  • 本社・工場:山梨県富士吉田市上吉田4961番地1
  • URL:http://fuji-meisui.co.jp/

エブリィフレシャスミニのイメージモデル工藤静香

- every frecious mini イメージモデル工藤静香さん -

 

公式サイトへ

 

浄水サーバー「エブリィフレシャス」と「ハミングウォーター」を比較!
TOPへ