最終更新日 2021年04月14日

フレシャスとウォーターサーバーを比較しました

 

フレシャスロゴ

コスモウォーターロゴ

天然水のウォーターサーバーで人気の「フレシャス」と「コスモウォーター」を比較してみました。

 

料金やシステム、それぞれの会社の売れ筋ウォーターサーバーも実際にレンタルして使い心地や電気料金の比較も記載してます。

 

フレシャスVSコスモウォーター詳細比較

※税抜で表記しています。

 

会社

フレシャス

コスモウォーター

水の種類

・天然水
(3種)

・天然水
(3種)
・RO水

宅配水
1セット量
1セット価格

・天然水
(28.8L)
4,320円

・天然水
(24L)
3,520円

ボトル容量

・9,3L

・12L

契約縛り
解約金

・2年
・9,000円

・2年
・9,000円

メンテナンス
(交換)

・無し ・無し
支払い方法

・クレジット
・代金引換

・クレジット
・代金引換
・後払い

配送システム ・定期配送 ・定期配送
レンタル料金 ・500円 ・無料
送料 ・無料 ・無料
配送エリア

・全国
(沖縄・一部離島を除く)

・本州
・四国
・九州

フレシャスVSコスモウォーター|最新ウォーターサーバー比較

フレシャスロゴ

フレシャスslat画像

コスモウォーターロゴ

らく楽smartプラス

使いやすさ比較

ボタン操作

スラットの出水はボタン操作です。冷水、常温水、温水すべても1つの出水口からお水がでるの、拭き掃除が楽でした。ボタンはウォーターサーバー上部にあるので操作しやすく、小さいお子さんでは届きません。水圧にストレスはなく、気持ちよく仕えます。

レバー操作

楽らくsmartプラスの使いやすさ

楽らくsmartプラスはレバータイプです。手に持ったコップやグラスでレバーを押すシングルアクションで給水可能です。注目すべきは「完全ロック解除」です。温水使用時のロック解除操作がなくて使いやすかったです。ただ、水圧がちょっと弱いです。

ボトル交換のしやすさ比較

足元+9,3Lボトル


スラットで利用できるのは9,3Lボトルです。設置部分はサーバー下部のドアを開いて設置します。容量的に扱いやすくちょうどいい大きさでしたよ。

12Lだけど足元交換

楽らくsmartプラスは一般的な12Lボトルですが、設置部分が足元のため持ち上げる必要なく交換できます。容量が多いので交換頻度が少なく済みます。

メンテナンス体制比較

メンテナンス無し

クリーニング機能付きのウォーターサーバーとなっているので、メーカー側のメンテナンスはありません。電源を入れるとその後一定の間隔で自動洗浄します。

同じくメンテナンス無し

楽らくsmartプラスも自動洗浄機能(クリーンサイクルシステム・クリーンエアシステム)が付いてるのでメーカー側のメンテナンスはありません。

ゴミの量比較

そこそこ量がある

フレシャススラットの1セットのゴミ

1セットのゴミの量は大きめのダンボール1つとペット素材のボトルが2つです。空ボトルは潰せばある程度小さくなります。特に気にならない程度の量でした。

 

潰れはするがかさばる

コスモウォーター1セットのゴミの量

1セットのゴミの量はダンボール2つとペット素材のボトル2つ。同じペット素材ですが容量が大きいので潰してもかさばります。1本づつダンボールに梱包されて届くためゴミの量は多め。

電気料金比較

フレシャスslatの省エネONの電気料金

slat

  • 1/12 22,6円
  • 1/13 21,2円
  • 1/14 29,3円
  • 1/15 19,6円
  • 1/16 20,2円
  • 1/17 19,1円
  • 1/18 20,9円

1日平均:21,8円
月平均:654円

楽らくsmartプラスのエコモード使用時の電気代

smartプラス

  • 4/19 25円
  • 4/20 26,1円
  • 4/21 24,8円
  • 4/22 25,6円
  • 4/23 26,4円
  • 4/24 25,3円
  • 4/25 25,8円

1日平均:25,5円
月平均:765円

たたずまい(デザイン・音・バランス)比較

フレシャススラットのたたずまい

名前のまんまスラッと

グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバーだけあってデザイン性に優れています。静音性も高く、バランスも良かったです。名前の通りすらっとしていて置き場所に困りません。

楽らくsmartプラスのたたずまい

整った四角いフォルム

全体的に四角いフォルムです。待機中に「ブ~ン」という音や、お水を組み上げる時に「グゴゴ・・」という音がなる時も。バランスはしっかりしていて倒れる心配はなさそうです。

『フレシャス(slat)VSコスモウォーター(smartプラス)』項目別比較

対決種目 WIN
毎月のコスパ

毎月のコスパはコスモウォーターの勝ち

使いやすさ

DARW

設置などのサポート

設置してくれるコスモウォーターの勝ち

メンテンス体制

DARW

ゴミの量

ゴミが一切でないクリクラの勝ち

電気料金

DARW

デザイン

デザイン性は圧倒的にフレシャスの勝ち

解約金

DARW

高級感

一歩上の贅沢感はフレシャスの勝ち

フレシャスとコスモウォーターどっちがおすすめ?

フレシャスとコスモウォーターおすすめは?

天然水を扱う人気の2社を比較しました。ウォーターサーバーはどちらも最新機種で比較しました。

 

解約金やメンテナンス、配送システムや送料などはほとんど同じですがコスト面ではコスモウォーターに軍配が上がりました。

 

出水器具はボタン式とレバー式ですが、どちらもとても使い勝手が良いため不都合なく使えると思います。お水の勢い(水圧)ではスラットのほうが強くて使い勝手が良かったです。電気代はどちらも省エネサーバーなので安かったです。

 

どちらのサーバーも下部にボトルを設置するタイプですが、ボトルの差し込み口が下向きで設置するスラットのほうが簡単でした。使用後のゴミの量も大差はありませんね。デザイン面ではフレシャスに軍配が上がるかな。

 

最初のウォーターサーバー設置では、コスモウォーターはヤマトホームコンビニエンスを採用しているので配達担当の方が設置してくれました。フレシャスでは設置サービスはなく、玄関までの配送なので自分で設置する必要がありました。

 

同じ天然水ウォーターサーバーですが、費用を抑えたいならコスモウォーター。デザインや使い勝手を重視するならフレシャスでしょうか。

 

フレシャス公式サイトへ
コスモウォーター公式サイトへ
TOPへ