最終更新日 2020年9月19日

「アルピナスタンダードサーバー」使用感レビュー

アルピナロゴ

アルピナスタンダードサーバー

 

使いやすさ

アルピナウォーターの冷水と温水の様子

お湯側のつまみがちょっとつかいづらい・・

つまみを持って上下どちらかにひねるとお湯や冷水が出る「つまみ式」です。冷水、お湯ともにまったく問題ありません。ストレスのない水圧で冷水とお湯が使えました。

 

チャイルドロックはお湯蛇口には標準装備されてますが、冷水にも必要な場合は申込み時に伝えれば可能のようです。

 

冷水はまったく問題ありませんが、チャイルドロックが付いている温水は少々使いづらく感じました。お湯は2つのつまみを合わせてひねると出ますが、お湯が出ている途中でつまみが解除されて止まることがよくあります。

 

ボトル交換

アルピナウォーターのボトル交換の様子

場合によっては8Lをボトルがいいかも

管理人はおじさんなので、交換できる12Lボトルで注文しました。ボトル設置部が上部にあるので、12Lと以上のボトルの場合少し大変ですね。しかし、アルピナでは8Lの軽量ボトルも扱っているので、重たいボトルはちょっと難しいかな?とお思いであれば8Lを選んだほうがいいかもしれません。

 

掃除の楽さ

アルピナウォーターサーバーのお手入れ

2年に1回無料交換

メンテナンスとして2年に1回、無料でウォーターサーバーを交換してくれます。キレイに掃除されたピカピカなものと交換されるので安心ですね。しかし、交換期間が長い方なので、日頃のお手入れはしっかりしたほうが良さそうです。

 

ボトル交換時には差込口クリーニングを、普段は蛇口周りやサーバー本体の拭き掃除をします。蛇口内部は綿棒を使って掃除します。ボトル交換時にささっとすればOKです。たまに掃除機でサーバーの背面のほこりを取りましょう。

 

 

ゴミの量と種類

アルピナウォーター設置スペース

リターナブルボトルなのでゴミが0

使用済みボトルは回収されるためゴミはでません。リターナブルボトルのメリットですよね。それでも「空ボトルの置き場所取られるんだろうなぁ・・」なんて思っていましたが、青い発泡スチロール製の「パレット」(無料)を使えば写真のようにボトルをスライドしていくことロストスペースをなくせます。写真のように重ねる場合はお水が入っているボトルを下にすれば安定しますよ。

 

電気料金
計測期間:5/20~5/26
  • 5/20 45.5円
  • 5/21 43.2円
  • 5/22 46.4円
  • 5/23 46.0円
  • 5/24 45.3円
  • 5/25 46.2円
  • 5/26 43.1円
1日平均45円/月約1.385円


比較的に電気料金高め

アルピナサーバーの電気代を計測してみると平均45円という結果がでました。他のサーバーと比較すると高い方でしたが、RO水が激安ですので全体的にみれば問題なさそうです。アルピナさんでエコサーバー出したら維持費が相当安く済むでしょうね。

 

たたずまい(デザイン・音・バランス)

アルピナウォーターサーバーのたたずまい

これでもかってぐらいのシンプル感

様々な角度からチェックしましたが、ダサ・・シンプルな外観です。いかにも業務用って感じがしますね。音も静かで気になることがありませんでしたよ。グラグラしないか前後左右から軽く押してみましたが、バランスも問題ありませんでした。

「アルピナスタンダードサーバー」の総評

アルピナサーバー評価

 

アルピナスタンダードサーバー

使いやすさ

ボトル交換

掃除の楽さ

ゴミの量と種類

電気料金

たたずまい


無骨でしっかりしているウォーターサーバー

使い心地いいですよ。『THEシンプル』なウォーターサーバーです。
普段使っていて特に気になる部分はありませんでした。お湯側のつまみのロックが最初不便だったぐらいです。業務用っぽい見た目ですが音は静かでしたよ。

 

毎月のサーバーレンタル料金はかかりますが、2年に1回きれいなウォーターサーバーとの入れ替え費用の積み立てと思って使ってます。注文ノルマがなく水を余らせる心配がないので気楽です。使う料が多ければ多いほど安くなるというのが魅力ですね。

 

 

アルピナウォーター「口コミ評判」ページへ

 

アルピナウォーターサーバーの詳細

TOPへ