最終更新日 2021年07月27日

エブリィフレシャスとハミングウォーター。忖度なしに比較してみた

エブリィVSハミング【機能面】比較

使えるお水の種類はどっちが多い?

エブリィフレシャスミニの給水

エブリィフレシャス

ハミングウォーター「フローズ」の給水

ハミングウォーター

使えるお水の種類
給水 エブリィフレシャス ハミングウォーター
冷水
温水
常温水 -
高温水 -
弱冷水 ○※ -
弱温水 ○※ -

※省エネモード中のみ

 

お水の種類はハミングウォーターのほうが多い

基本機能である冷水と温水はどちらも使えます。加えて「常温水」や「高温水(再加熱で2,3分)」が使用できるのはハミングウォーター。

 

エブリィフレシャスは省エネモードに切り替えると弱温水と弱冷水が使用できますが、熱冷ましに時間がかかるためすぐには使えません。

 

普段使いを考えると常温水や高温水が使用できるハミングウォーターが一歩リード。鍋もおける大きさなので料理に使いやすく、水やりなど使用の幅が広がります。

 

便利な機能はどっちが多い?

エブリィフレシャス ハミングウォーター
チャイルドロック


(冷水・温水)


(冷水・温水・常温水)

省エネ機能


自動:光センサー


手動:ECOボタン

UV殺菌機能
ワイドトレイ -

 

搭載機能に差はない

それぞれのサーバーに搭載されている機能を比較してみましょう。ロック機能、省エネ機能、UV機能とウォーターサーバーに必要な機能はどちらも搭載しています。またロック機能は温水だけでなくすべてのお水に設定可能。

 

ハミングウォーターの受け皿

ハミングウォーターのトレイは2種類付いてくる

 

ハミングウォーターではワイドトレイが付いてきます。これがなかなか使いやすく料理で使う大きめの容器も置けるので便利。

 

浄水フィルター性能はどっちが良い?

エブリィフレシャスミニのフィルター

エブリィフレシャス

ハミングウォーター「フローズ」のフィルター

ハミングウォーター

 

浄水力が優れるのはエブリィフレシャス

公式サイト掲載のフィルター性能を比較。

 

エブリィフレシャスの浄水能力は国が定める水の安全性基準「JIS規格の家庭用浄水器試験方法」で定義された指標において、全12項目すべてにクリアしています。加えて「水銀・アルミ・鉄」3つの物質も除去します。

 

かといってハミングウォーターの浄水力が劣っているわけではなく、同じJIS規格の家庭用浄水器の基準をクリアしているので安全です。

 

浄水性能の比較「除去物質12項目(JIS53201)」
エブリィフレシャス ハミングウォーター
残留塩素
クロロホルム
ブロモジクロロメタン
ジブロモクロロメタン
ブロモホルム
テトラクロロエチレン
トリクロロエチレン
総トリハロメタン
農薬(CAT)
カビ臭(2-MIB)
濁り
溶解性鉛 ×

 

唯一、溶解性鉛の除去だけ違いが出ました。

 

溶解性鉛って何?

水道用鉛管を使用している地域や家庭において、水道水中へ溶け込んでいる物質。可溶性の鉛や鉛イオンは神経毒性、腎毒性、タンパク親和性が非常に強く、消化管から吸収された鉛の約85%は赤血球に沈着し、やがて骨に沈着する。血液中の鉛濃度が0.5~0.8ppmレベルで、疲労感・不眠・神経過敏・頭痛や消化管障害がみられる。特に、小児の場合は明らかに脳の成長を阻害する恐れがあることが世界的にも知られており、知能(IQ)や行動に重大な影響を与えると言う調査結果が出ている。
引用:weblio辞書

 

建物の築年数が古かったり、年数が経過した鉛管を使っている場合は、エブリィフレシャスのフィルターのほうが安心かもしれませんね。

 

フィルター性能の詳細
エブリィフレシャス ハミングウォーター
フィルター本数 1本 2本
内容物

不繊維
活性炭
中空糸膜
ATS(鉛除去剤)

高密度圧縮活性炭
限外ろ過中空糸膜

総ろ過水量 600L 1,200L
ろ過流量 - 0.6L/分
除去率 80% 80%
フィルター交換頻度 6ヶ月ごと 4ヶ月ごと

1日の使用量
総ろ過水量÷使用月数

3.3L 10L

 

搭載しているフィルターはエブリィフレシャスが1本。ハミングウォーターは2本です。フィルター本数(容量)が多いと総ろ過水量も増えることから、フィルター交換頻度が少なくなりますが、年に2回と3回の差なので気にしなくてもいいところでしょう。

 

どちらも浄水力に問題はありませんが、フィルター寿命で考えると1日の使用量が3L未満ならエブリィフレシャス。3L以上使いたいのであればハミングウォーターが適しているようです。

 

フィルターの交換はどっちが簡単?

エブリィフレシャスミニのフィルター交換

エブリィフレシャス

ハミングウォーター「フローズ」のフィルター交換

ハミングウォーター

同じような交換方法で難しくはない。

前のフィルターを抜いて新しいフィルターを差し込む。これだけです。サーバーやフィルターの形状は異なりますが、「キャップを外して差し込んで回す」というセットのしかたはほぼ同じでした。

 

どちらも工具が必要なく力もさほどいりませんが、しいて言えばエブリィフレシャスのほうが簡単でした。1本だけだし軽いし。

 

使用済みのフィルターの処分方法は?
ハミングウォーター(公式サイトより)

使い終わったフィルターは、各自治体の規則に基づき不燃物として処分してください。

 

エブリィフレシャス(取扱説明書より)

ご使用済みのカートリッジは、プラスチックゴミとして廃棄してください。

 

非常事態に活躍するのは?

断水時や停電時でも使える?

エブリィフレシャス ハミングウォーター
停電時 ×

○(常温水のみ)
非常用電源ユニット(別売)

断水時 × ×

 

エブリィは不可。ハミングは電源ユニットがあれば使える

どちらも電気で動くため停電になった場合は使用できません。ただしハミングウォーターは非常用電源ユニットをつなげれば常温水のみ利用できます。

 

断水して水道水が使えない場合は、もちろん使えません。「水道水の代わりにミネラルウォーターじゃダメなの?」と思いますが、どちらのの説明書にも「日本の水道水の水質基準に適合した水以外を補充しない」とあります。故障の原因とも書かれているので水道水以外は注がないほうがいいようです。

 

どちらも水道水に依存しているウォーターサーバーなので、非常事態時では役に立ちません。備蓄水は別に用意しておきましょう。

 

every frecious(エブリィフレシャス)公式サイトへ
Humming Water(ハミングウォーター)公式サイトへ

エブリィVSハミング【費用面】比較

テキスト

※金額はすべて税込み表記

料金が安いのはどっち?

レンタル料・初期費用
項目 エブリィフレシャス ハミングウォーター
レンタル料金 3,300円 3,300円
初期費用 0円 2,200円
フィルター 0円 0円
本体・フィルター送料 0円 0円
初月料金 3,300円 5,500円
2ヶ月以降月額 3,300円 3,300円

 

毎月のレンタル料金はどちらも3,300円。フィルターも無料。ハミングウォーターのみ初期費用が発生します。2ヶ月目以降はどちらもレンタル料金だけとなります。

 

年単位の料金
1年総額 2年総額 3年総額
エブリィフレシャス 39,600円 79,200円 118,800円
ハミングウォーター 41,800円 81,400円 121,000円
差額 2,200円 2,200円 2,200円

 

年単位での費用を比較しました。といってもレンタル料が同額なので何年利用しても差が出ません。ピンクの付箋は規定利用年数の総額です。

 

規定利用年数は会社が定める契約期間です。エブリィフレシャスは2年、ハミングウォーターは3年です。この期間内に解約すると以下の解約金が発生します。

 

別途かかる料金は?

解約金

それぞれ定められた契約期間内に解約すると違約金が発生します。スマホでおなじみの解約縛りですね。

 

利用年数ごとの解約金
1年未満

1年以上
2年未満

2年以上
3年未満

エブリィフレシャス 22,000円 16,500円 11,000円
ハミングウォーター 16,500円 16,500円 0円

 

エブリィフレシャスは使用年数が長いほど解約金が少なくなり、ハミングウォーターの期間内解約は一律の解約金がかかります。エブリィフレシャスは3年以上、ハミングウォーターは2年以上利用すると解約金がかかりません。

 

早期解約の可能性がある方はこちらもチェックしましょう。

 

サーバー交換手数料
利用年数ごとのサーバー交換料金
1年未満

1年以上
2年未満

2年以上
3年未満

エブリィフレシャス 14,300円 8,800円 5,500円
ハミングウォーター 9,900円 9,900円 9,900円

 

契約期間中にサーバー交換を申し込んだ際にかかる料金。例えばサーバーのカラーをホワイトからブラックにチェンジしたいといった場合ですね。

 

もちろん利用者に過失のない故障の場合は無料で交換してもらえます。

 

1年未満で交換を申し込むとレンタル料金の3倍以上の費用がかかるので、最初のカラー選択は慎重に。

 

電気代はどっちが安い?

エブリィフレシャスミニとハミングウォーターの電力を測定

 

公式サイト記載の電気料金
エブリィフレシャス ハミングウォーター
公式掲載 410円~※1 約475円※2

※1 SLEEP機能とHOT ECO/COLD ECO機能を使用した場合、電気代月間約410円~。(当社調べ)
※2 19.91円/kwh(2019年8月27日時点)東京電力の従量電灯B最低料金(最初の120kwhまでの価格)を基準とした場合(月に温水12ℓ・冷水18ℓ・常温水30ℓ使用)。エコモード1日2回使用時

 

電気代を実計測

エブリィフレシャスミニ1日の電気代

エブリィフレシャスミニ

ハミングウォーター1日の電気代

ハミングウォーター

エブリィフレシャス ハミングウォーター
1日目 32.6円 21.5円
2日目 18.9円 20.4円
3日目 19.1円 21.8円
4日目 18.2円 21.3円
5日目 17.7円 19.7円
6日目 16.2円 21.9円
7日目 17.1円 20.6円
1日平均 約19.9円 約21円
1ヶ月平均 約597円 約630円

 

実際にそれぞれの電気代を計測しましたが、電気料金はどちらもウォーターサーバーの中では相当安いです。なのでこの2商品に関しては電気代を気にしなくてOK。

エブリィVSハミング【デザイン】比較

やっぱりウォーターサーバーは見た目が大事。へんてこなサーバーではテンション上がりませんよね?エブリィフレシャスもハミングウォーターもデザイン性が評価されているのでそのあたりは安心です。

 

どちらがあなたのお部屋に合うかちょっと見てみましょう。

 

ハミングウォーター(フローズ)

フローズ(ホワイトとブラック) ハミングウォーター設置図①

 

ハミングウォーター設置図② ハミングウォーター設置図③

フローズの仕様
タイプ カラー 重量
床置

ホワイト
ブラック

20kg
横幅 奥行き 高さ
26cm 37cm 120cm

 

エブリィフレシャス ミニ

エブリィフレシャスミニ(ホワイトとブラック) エブリィフレシャスミニ設置写真①

 

エブリィフレシャスミニ設置写真② エブリィフレシャスミニ設置写真③

エブリィフレシャスミニの仕様
タイプ カラー 重量
卓上

ホワイト
ブラック

8.3kg
横幅 奥行き 高さ
25cm 29.5cm

47cm
※フタを開けると67cm

 

サーバーの仕様比較

エブリィフレシャス ハミングウォーター
サーバータイプ 卓上タイプ 床置きタイプ
カラー

ホワイト
ブラック

ホワイト
ブラック

25cm 26cm
奥行き 29.5cm 37cm
高さ

47cm
※フタを開けると67cm

120cm
重量 8.3kg 20kg

 

カラーはそれぞれホワイトとブラックの2色。大きな違いはエブリィフレシャスはテーブルやキッチンカウンターに置く「卓上タイプ」。ハミングウォーターは直接床に置く「床置」タイプということ。

 

卓上サーバーはコンパクトサイズのため置き場所に困らないでしょう。ハミングウォーターもはスリムサイズで、ボックスティッシュ一箱分のスペースがあれば設置できます。

 

every frecious(エブリィフレシャス)公式サイトへ
Humming Water(ハミングウォーター)公式サイトへ

エブリィVSハミング【システム面】比較

全国で利用できるの?

エブリィフレシャス ハミングウォーター

全国
※沖縄除く

全国
※沖縄除く

 

沖縄県以外はレンタル可能

対応エリアはともに沖縄以外の全国のためほぼすべてのエリアで利用できます。

 

ただし、ハミングウォーターは北海道エリアが別料金となります。レンタル料金が220円、初期費用が1,100円高くなるようです。北海道にお住まいでコスト面を重視しているならエブリィフレシャスのほうが良さそうです。

 

ハミングウォーターのエリア別料金
エリア 北海道以外 北海道
レンタル料金 3,300円 3,520円
初期費用 2,200円 3,300円

 

支払い方法は?

支払い方法はどちらもクレジットカードのみ
エブリィフレシャス ハミングウォーター

クレジットカード
(VISA/JCB/Master Card/Diners/AMERICAN EXPRESS)
※デビットカード不可

クレジットカード
(VISA/MasterCard/NICOS/JCB/AMERICAN EXPRESS/Diners)
※デビットカード不可

 

運営会社はどこ?

エブリィフレシャス ハミングウォーター
運営会社 富士山の銘水株式会社 株式会社コスモライフ
創業 2010年11月 1988年8月11日
HP http://fuji-meisui.co.jp/ https://www.cosmolife.co.jp/

 

エブリィフレシャスの運営会社は「富士山の銘水株式会社」。天然水で人気の「フレシャス」などウォーターサーバー事業を展開している大手です。

 

ハミングウォーターの運営会社は「株式会社コスモライフ」。こちらも人気の天然水「コスモウォーター」など運営している大手です。

 

どちらもウォーターサーバーの人気ブランドです。長年の実績もあるので契約して変なことにはならないでしょう。

エブリィVSハミング。結局どっちよ?

エブリィフレシャスミニ(ホワイトとブラック)

フローズ(ホワイトとブラック)

 

機能面
エブリィフレシャス ハミングウォーター
サーバータイプ 卓上 床置
給水種類 冷水・温水 冷水・温水・常温水・高温水
フィルター性能

除去物質全12項目
+水銀・アルミ・鉄

除去物質11項目
フィルター交換頻度 6ヶ月に1回 4ヶ月に1回

1日の浄水量
(総ろ過水量に基づく)

3L 10L

 

 

費用面
エブリィフレシャス ハミングウォーター
レンタル料 3,300円 3,300円
初期費用 0円 2,200円

規定利用年数
(総額)

3年
(118,800円)

2年
(81,400円)

 

ハミングウォーターが向いてる方

ザッツ・ミーのハミングウォーター

  • 料理にもたくさん使いたい
  • 普段から水の消費量が多い
  • 常温水や高温水も使いたい
  • 契約期間は短いほうがいい
  • 床に置きたい
使い勝手重視!ジャバジャバ使いたいならハミングウォーター

冷温水に加え常温水や高温水が利用できるスグレモノ。付属のワイドトレイで鍋への給水も簡単です。浄水能力も問題ありません。大容量フィルターなので使用量を気にせずたくさんお水が使えます。費用面では初期費用がかかりますが、契約期間が2年と短いですので総額ではこちらのほうが安く済みます。

 

公式サイトへ
ハミングウォーターの口コミ&レビューへ

 

 

エブリィフレシャスが向いている方

工藤静香のエブリィフレシャス

  • 飲料水がメインになりそう
  • 1日の消費量は3L未満で済む
  • 浄水能力はこだわりたい
  • 持ち運びやすい重さがいい
  • 工藤静香が好き
浄水能力を重視!使用量が少ないならエブリィフレシャス

冷水と温水の2種類ですが、省エネモードをONにすると弱冷水と弱温水が利用できます。フィルター性能は「JIS規格が定める除去物質12項目」すべてを除去。また「水銀・アルミ・鉄」3つの物質も除去するので浄水力ではエブリィフレシャスのほうが優れています。1日の消費量が3Lほどですが、コンパクトサイズで持ち運びやすいためキッチンやリビングに限らず、寝室など様々な場所に設置できます。

 

公式サイトへ
エブリィフレシャスの口コミ&レビューへ

 

1日の消費量を目安に選ぶ

毎日の使用量も選定基準の1つになります。それぞれのフィルター寿命(総ろ過水量)にかかわることですが、エブリィフレシャスは1日3L消費、ハミングウォーターは1日10L消費でそれぞれ定められた時期にフィルター交換となります。仮にエブリィフレシャスを毎日9L消費した場合は、計算上2ヶ月に一度交換しなければなりません。フィルターの追加注文も可能ですがコストがかさみます。

 

フィルター交換のお知らせ機能はどちらも付いていませんので「フィルター大丈夫かな?」と心配しながら使うなら、総ろ過水量の多いハミングウォーターのほうが安心できるでしょう。もちろん消費量がすくないならエブリィフレシャスでも問題ありません。

 

経験で言うとどちらもレンタルして損することはない浄水サーバーでした。どちらを選ぶかの大きな目安としては「機能面」と「費用面」の2つだと思いますが、デザインや見た目が純粋に気に入ったからという理由で決めるのもありだと思います

 

TOPへ