最終更新日 2023年02月03日

エブリィフレシャスとハミングウォーター。どっちがいいの?

結論。エブリィフレシャスとハミングウォーターなら・・

ハミングウォーターロゴ ハミングウォーターがブラック&ホワイト

 

結論を言うとハミングウォーターがおすすめ。

 

理由は以下の通りです。

 

使い勝手

商品

エブリィフレシャス
(tall)

ハミングウォーター
(flows)

写真 エブリィフレシャスtall ハミングウォーター(フローズ)
使い方 ボタン押しっぱで出水・指を離すと止まる ボタン押すと出水、もう一度押すと止まる
水圧 若干弱め 気持ちよく出る
受け皿まわり 十分に広い ワイドトレイが広くて使いやすい
ロックフリー 常時ロック解除できない 可能。1アクションでお水が汲める
給水タンク 5.7L。容量が大きめなので給水頻度も少なめ 4L。容量としては十分だが比較すると小さい

 

どちらもボタンで操作しますが、ボタン押しっぱなしで水が出るエブリィよりも、一度ポチッと押すだけで連続給水できるハミングのほうが使いやすいです。

 

水圧はエブリィのほうが強め。エブリィも決して弱くありませんが少し物足りないですね。

 

小さいお子さんがいれば必須のチャイルドロックですが、使うたびにいちいち解除するのは面倒。これを常時解除できるハミングは快適でした。

 

水を補充するタンクはエブリィのほうが1.7L大きいです。どちらも取り外さなくても給水できるので便利。

 

使い勝手の良さは「ワンタッチ連続給水、水圧、ロックフリー」という点でハミングウォーターの勝ち。

 

機能面

商品

エブリィフレシャス
(tall)

ハミングウォーター
(flows)

写真 エブリィフレシャスtall ハミングウォーター(フローズ)
給水種類 冷・温・常・高温 冷・温・常・高温
チャイルドロック
省エネ機能
クリーン機能

フィルター性能
(総ろ過水量)

除去物質:23項目
(600L)

除去物質:21項目
1,800L

無料フィルターが届く頻度 6ヶ月に1回 6ヶ月に1回

1日の浄水量
(総ろ過水量に基づく)

3L 10L

 

エブリィフレシャス(tall)とハミングウォーターでは機能性に大差はありません。ともに冷水、温水に加え常温水や再加熱機能を搭載。省エネ機能とUV機能も標準装備。

 

大きく違うのはフィルターの「除去物質数」と「総ろ過水量(フィルター寿命)。

 

除去性能ではハミングは21物質ですが、エブリィは23物質を除去します。しかし、総ろ過水量をみるとエブリィは600Lですが、ハミングウォーターはその3倍の1800Lもあります。

 

除去力と寿命どちらを優先するかですが、そもそも安全性の高い水道水をろ過するので、除去能力はそこまで重要ではないと思います。(どちらも「JIS規格の家庭用浄水器試験方法」で全12項目すべてクリアしている)

 

個人的にはフィルター寿命の長いハミングのほうが安心してジャバジャバ使えるという結論です。1日10L消費できるなら使い放題といえるでしょう。

 

 

費用面

エブリィフレシャスとハミングウォーターの総額

商品

エブリィフレシャス
(tall)

ハミングウォーター
(flows)

レンタル料金 3,300円/月 3,300円/月
初期費用 0円 0円
サーバー・フィルター送料 0円 0円

レンタル料総額
(契約年数)

118,800円
(3年)

79,200円
(2年)

 

どちらともレンタル料金が同じですが、契約期間が異なります。

 

ハミングは2年契約ですが、エブリィ3年契約のため、総額ではエブリィフレシャスのほうが高くなるんですね。

 

契約期間内の解約すると「解約金」が発生し、特にエブリィは1年未満で解約すると22,000円となかなかの出費に。

 

経験上、2年ぐらいで乗り換えがベストだと思います(新商品も出るし)。その点でハミングウォーターのほうが利用しやすいでしょう。

 

月の電気代
エブリィフレシャス ハミングウォーター
メーカー発表 360円 475円
計測結果 744円 630円

 

メーカー発表ではエブリィのほうが安いですが、我が家で計測したところハミングのほうが安い結果に。

 

ちなみにこれまでレンタルした45商品の平均は1,000円前後。どちらも電気代を抑えられる商品です。

 

総合的にハミングウォーターの勝ちです

フィルター性能や利用期間などは数字から推察できるものですが、ハミングウォーターを推した理由は、やはり使い勝手の良さに尽きます。

 

エブリィフレシャスも十分いい商品ですが、それを抑えてハミングウォーターがおすすめという結果になりました。

 

ザッツ・ミーのハミングウォーター

ハミングウォーターが向いてる方
  • 料理にもたくさん使いたい
  • 1日の使用量が4L以上
  • 常温水や高温水も使いたい
  • 契約期間は短いほうがいい
  • 使い勝手を重視したい方
使い勝手重視でジャバジャバ使いたいならハミングウォーター

冷温水に加え常温水や高温水が利用でき、ワイドトレイで大きい容器への給水も簡単。背の高い容器も置いて給水できるなど、細かい部分まで考え込まれてる印象でした。ホント使い勝手が抜群です。タンク容量が大きいので給水頻度が少なく済んだのも良かったです。大容量フィルターなので使用量を気にする必要なし。契約期間が2年もちょうど良く、5人家族の我が家では一番人気の浄水型ウォーターサーバーです。

 

最短4日でお届け!初月レンタル無料!
公式サイトへ

 

木南晴夏のエブリィフレシャス

エブリィフレシャスが向いている方
  • 飲料水がメインになりそう
  • 1日の消費量は3L未満で済む
  • 浄水能力はこだわりたい
  • 持ち運びやすい重さがいい(mini)
  • 一人暮らし(mini)
レンタルするなら断然tallがおすすめ

エブリィフレシャスはminiとtallの2種類ありますが、卓上じゃなきゃ駄目という以外はtallを選びましょう。常温水や再加熱機能を搭載し貯水タンクも大きいので給水頻度が少なくなります。フィルターは「JIS規格が定める除去物質12項目」に加え、「水銀・アルミ・鉄」3つの物質も除去。浄水性能が高く安心ですが、総ろ過水量が600/Lのため1日3.3L未満の消費量で十分という方に適しています。新規申込みと他社からの乗り換えキャンペーンを実施中。

 

初月レンタル料、初期費用無料!
公式サイトへ

エブリィVSハミング【使い勝手】比較|普段使いはどっちが良い?

操作性が良いのはどっち?

エブリィフレシャスミニの給水

エブリィフレシャス

ハミングウォーター「フローズ」の給水

ハミングウォーター

 

どちらも使いやすいボタン操作。なのでドロー

エブリィフレシャスとハミングウォーターはどちらもボタン操作です。

 

温水はどちらもボタン長押しでお湯が出てきて、指を離すと止まります。

 

水圧は若干ハミングのほうが強め。

 

異なるのは冷水と常温水ボタンで、エブリィは温水と同じく長押しで水が出ますが、

 

ハミングはボタンを1回押すと水が出て、止めるにはもう1回ボタンを押します(1分間出続けると自動的に止まる)

 

鍋などの大きな容器に水を入れる時に便利ですが、テレビやスマホを見ながら行うと水があふれるので注意。

 

 

わずらわしいロックはなくせる?

エブリィフレシャスの温水ロック解除

エブリィフレシャス

ハミングウォーター温水ロック解除

ハミングウォーター

 

ハミングウォーターは常時ロック解除できる

ウォーターサーバーの温水にはチャイルドロックが標準で付いています。

 

子どものヤケド防止のためですが、お湯を使うのに一手間かかるのでやっかいなんですね。

 

赤ちゃんや小さいお子さんがいるなら必須ですが、大人だけなら不要です。

 

エブリィは常時ロック解除ができませんが、ハミングではロックフリー(常時ロック解除)に設定可能。

 

ワンアクションで温水を利用できるので便利です。

 

 

コップや容器に水を注ぎやすいのは?

エブリィフレシャスとハミングウォーターの使い勝手

高さNo.1はハミングウォーター(flows)

 

開放的な受け皿でなんでも置けるハミングウォーター

ウォーターサーバーはコップなどの容器にお水を注ぐものなので、取水口から受け皿までの高さは重要。

 

ここが高さがないと窮屈きゅうくつだし、容器を置いて給水もできません。

 

また受け皿の幅の広さも大事です。

 

ハミングウォーターの大きい受け皿は便利

ハミングウォーターのトレイは2種類付いてくる

 

ハミングウォーターは付属でワイドトレイが付いてきます。

 

これがなかなか便利で、炊飯釜や鍋といった大きめの容器にもグラグラせず安定して給水できました。

 

普段使いは、受け皿の高さや奥行きに余裕があるハミングウォーターがリード。

 

 

給水作業はどっちが楽?

エブリィフレシャストールの給水タンク

エブリィフレシャス

ハミングウォーターの給水タンク

ハミングウォーター

どちらも似たような形状でドロー。タンクの大きさはトール

どちらもタンクを外しての給水と、設置したままでの給水が可能となっています。

 

タンク容量はエブリィフレシャス(tall)が5.7L。ハミングウォーターが4Lと若干トールのほうが大きめ。

 

大きな差はないので給水頻度も同じくらいですね。

 

 

エブリィVSハミング【使い勝手】の比較結果

商品

エブリィフレシャス
(tall)

ハミングウォーター
(flows)

写真 エブリィフレシャスtall ハミングウォーター(フローズ)
操作性
ロックフリー -
注ぎやすさ
給水作業
公式サイトへ every.frecious.jp hummingwater.com

 

ハミングウォーターは水圧が強く、連続給水が便利でした。

 

常時ロック解除と広々受け皿で利便性がとても高いサーバーです。

 

サーバー野郎

サーバー野郎

 

使い勝手の良さはハミングウォーターの勝ち。

エブリィVSハミング【機能面】を比較|便利で快適なのはどっち?

ウォーターサーバーは毎日使うもの。

 

だったら便利で快適なモノがいいですよね?

 

使える機能を比較してみましょう。

 

機能が豊富な浄水サーバーは?

商品

エブリィフレシャス
(mini)

エブリィフレシャス
(tall)

ハミングウォーター
(flows)

写真 エブリィフレシャスmini エブリィフレシャスtall ハミングウォーター(フローズ)
冷水
温水
常温水 -
高温水(再加熱) -
弱冷・弱温水 -
チャイルドロック
省エネ機能


光センサー(自動)


光センサー(自動)


ECOボタン(手動)

UV機能

 

便利機能が多いのはエブリィフレシャス(tall)

冷水と温水、ロック機能や省エネ機能は全モデル標準装備。

 

中でもtall(トール)は、常温水や再加熱、弱冷水など、便利機能が満載。

 

光センサーで自動で省エネのON・OFFしてくれるので、忘れることがないので良い。

 

ハミングウォーターもボタンを押すだけ省エネの切替ができますが、この一手間が面倒なんですよね。

 

機能的にはハミングウォーターも十分高性能。ですが、機能性対決ではエブリィフレシャスのtall(トール)に軍配。

 

浄水フィルターはどっちが高性能?

エブリィフレシャスミニのフィルター

エブリィフレシャス(mini・tall)

ハミングウォーター「フローズ」のフィルター

ハミングウォーター

 

フィルターの性能比較
エブリィフレシャス ハミングウォーター
フィルター本数 1本 2本
内容物

不繊維
活性炭
中空糸膜
ATS(鉛除去剤)

高密度圧縮活性炭
限外ろ過中空糸膜

総ろ過水量 600L 1,800L
ろ過流量 - 0.6L/分
除去率 80% 80%
フィルター交換頻度 6ヶ月ごと 6ヶ月ごと

1日の使用量
総ろ過水量÷使用月数

3.3L 10L

 

どちらも国が定める水の安全性基準「JIS規格の家庭用浄水器試験方法」で定義された指標において、全12項目すべてクリアしており安全です。

 

JIS規格除去対象物質「全17項目」(JIS53201)」
除去物質 エブリィフレシャス ハミングウォーター
残留塩素
クロロホルム
ブロモジクロロメタン
ジブロモクロロメタン
ブロモホルム
テトラクロロエチレン
トリクロロエチレン
総トリハロメタン
農薬(CAT)
カビ臭(2-MIB)
濁り
溶解性鉛

シス-1,2-ジクロロエチレン及び
トランス-1,2-ジクロロエチレン

ベンゼン
陰イオン界面活性剤
フェノール類
ジェオスミン
1,1,1-トリクロロエタン
鉄(溶解性)
水銀
アルミ -
PFOS・PFOA(有機フッ素化合物) -
四塩化炭素 -
カドミウム -

参照:エブリィフレシャス「特徴について」
参照:ハミングウォーター「水が美味しく生まれ変わる浄水力」

 

除去できる物質数はエブリィフレシャスのほうが多い

ハミングウォーターは高密度圧縮活性炭+限外ろ過中空糸膜(UFろ過)の高性能フィルターを採用。計21項目の物質を除去。

 

エブリィフレシャスは不織布、活性炭、中空糸膜、ATS(鉛除去材)の高性能なフィルターを採用。家庭用品品質表示法で定められた対象12物質を含む23物質の除去が可能です。

 

それぞれの浄水フィルター性能を比較すると、ハミングウォーターよりエブリィフレシャスの方がより多くの不純物を除去できるようですね。

 

1日3L以上使うならハミングウォーター

ここでチェックすべきはフィルターの総ろ過水量です。総ろ過水量はそのフィルターの寿命と考えてもいいです。

 

エブリィフレシャスは600L、ハミングウォーターは1,800Lと総ろ過水量が3倍。要するに寿命が3倍なんですね。

 

どちらも設置日から半年ごとに交換フィルターが届きます。なので1日どれくらい使えるかということが重要です。

 

エブリィフレシャスの総ろ過水量は600Lで、1日平均3.3L消費でちょうど半年持つ計算。

 

一方のハミングウォーターは3倍なので1日約10L使える計算です。

 

コーヒーやお茶など飲み物がメインの家庭や、一人暮らしの方など消費量が少なめならエブリィフレシャス。1日3L以上は確実に消費するならハミングウォーターといったように、消費量も一つの判断材料になると思います。

 

ちなみにどちらもフィルター交換のお知らせ機能は付いていませんので、「フィルター大丈夫かな?」と心配しながら使うなら、総ろ過水量の多いハミングウォーターのほうが安心できるでしょう。

 

フィルターの交換はどっちが簡単?

エブリィフレシャスミニのフィルター交換 ハミングウォーター「フローズ」のフィルター交換

同じような交換方法でどちらもかんたん

搭載しているフィルターの数はエブリィフレシャスが1本、ハミングウォーターは2本です。

 

どちらも半年ごとに届くので自分で交換します。

 

交換作業は前のフィルターを抜いて新しいフィルターを差し込む。これだけです。

 

フィルターの形状は異なりますが、「キャップを外して差し込んで回す」というセットのしかたはほぼ同じ。

 

どちらも工具が必要なく力もさほどいりませんが、しいて言えばエブリィフレシャスのほうが簡単でした。

 

1本だけだし軽いし。

 

 

エブリィVSハミング【機能面】の比較結果

商品

エブリィフレシャス
(tall)

ハミングウォーター
(flows)

写真 エブリィフレシャスtall ハミングウォーター(フローズ)
便利機能
浄水能力
ろ材寿命
公式サイトへ every.frecious.jp hummingwater.com

 

機能面では常温水も使用できないエブリィフレシャスminiは除外。

 

エブリィフレシャス(tall)とハミングウォーターの一騎打ちですが、機能面ではほぼ互角。

 

浄水フィルターでは大きな違いがあり、

 

除去できる不純物の数はエブリィのほうが多いですが、水道水をろ過するので高性能じゃなくても良いと思います。

 

使い放題ということを考えればフィルター寿命の長いハミングがベスト。

 

サーバー野郎

サーバー野郎

 

毎日3Lも使わなければエブリィ。
毎日3L以上に使うならハミングです。

エブリィVSハミング【費用面】を比較|コスパが良いのはどっち?

エブリィフレシャスとハミングウォーターの料金を比較

 

エブリィフレシャスとハミングウォーターの料金比較

項目 エブリィフレシャス ハミングウォーター
レンタル料金 3,300円/月 3,300円/月
初期費用 0円 0円
フィルター 0円 0円
本体・フィルター送料 0円 0円
初月レンタル料 0円 0円
1年総額 39,600円 39,600円
2年総額 79,200円 79,200円
3年総額 118,800円 118,800円

※契約満期時点での総額

※税込み表記

契約期間でみるとハミングウォーターのほうが安い

交換フィルターや送料無料。定額のレンタル料金はどちらも3,300円。

 

注意点はレンタル料は同じでも契約期間が異なるということ。

 

ハミングは2年契約ですが、エブリィ3年契約のため、総額ではエブリィフレシャスのほうが高くなります。

 

途中解約した場合の「解約金」はどっちが高い?

 

エブリィもハミングもサブスクサービスです。

 

契約期間内の解約すると「解約金」が発生します。

 

途中解約した場合の解約金
エブリィフレシャス ハミングウォーター
1年未満 22,000円 16,500円

1年以上
2年未満

16,500円 16,500円

2年以上
3年未満

11,000円 0円
3年以上 0円 0円

※税込み表記

 

エブリィフレシャスのほうが解約金が高い

エブリィフレシャスは使用年数が長いほど解約金が少なくなり、ハミングウォーターの解約金は一律。

 

特にエブリィフレシャスは1年未満で解約すると22,000円となかなか痛い出費となります。

 

2~3年は標準的な契約期間ですが、「2年もレンタルする予定がない」という方もいるかもしれません。

 

その場合は同じ浄水型サーバーで契約期間が1年の「シャインウォーター」や「アクアバンク」がおすすめ。

 

 

利用年数ごとのサーバー交換料金

エブリィフレシャス ハミングウォーター
1年未満 14,300円 9,900円

1年以上
2年未満

8,800円 9,900円

2年以上
3年未満

5,500円 9,900円

※税込み表記

 

ウォーターサーバーを交換を申し込んだ際にかかる料金。

 

例えば、メンテナンスとしてサーバーを交換したいとか、カラー変更したいといった場合ですね。

 

どちらも故障した場合は無料で交換してもらえます(利用者に過失のない場合)

 

交換を申し出なければ発生することのない費用なので、そこまで気にしなくていい料金ですが一応。

 

 

電気代が安いのはどっち?

エブリィフレシャスミニとハミングウォーターの電力を測定

 

メーカー発表の電気料金

エブリィフレシャス
mini

410円~※1

エブリィフレシャス
tall

約360円〜

ハミングウォーター
flows

約475円※2

※1 SLEEP機能とHOT ECO/COLD ECO機能を使用した場合、電気代月間約410円~。(当社調べ)
※2 19.91円/kwh(2019年8月27日時点)東京電力の従量電灯B最低料金(最初の120kwhまでの価格)を基準とした場合(月に温水12ℓ・冷水18ℓ・常温水30ℓ使用)。エコモード1日2回使用時

 

それぞれの公式サイト記載の電気料金。

 

これをみるとエブリィ(tall)の電気代が安いようですが、同じ環境下で計測したものではないはず。

 

そこで同じ使用環境でそれぞれ計測してみました。

 

エブリィフレシャスミニ1日の電気代 エブリィフレシャストール1日の電気代 ハミングウォーター1日の電気代
我が家で計測した電気料金

エブリィ
(mini)

エブリィ
(tall)

ハミング
(flows)

1日目 32.6円 26.6円 21.5円
2日目 18.9円 24.4円 20.4円
3日目 19.1円 25.2円 21.8円
4日目 18.2円 25円 21.3円
5日目 17.7円 22.4円 19.7円
6日目 16.2円 23.9円 21.9円
7日目 17.1円 26.1円 20.6円
1日平均 19.9円 24.8円 21円
1ヶ月平均 597円 744円 630円

 

実際にそれぞれの電気代を計測しました。

 

結果はエブリィ(mini)が最も安く、次いでエブリィ(tall)、ハミングの順でした。

 

メーカー発表と実計測の平均

エブリィ
(mini)

エブリィ
(tall)

ハミング
(flows)

メーカー発表 410円 360円 475円
計測結果 597円 744円 630円
平均 503円 552円 552円

 

エブリィとハミングどちらも電気代が安いです

これまでウォーターサーバー45商品の電気代を計測しましたが、エブリィ、ハミングともに省エネ力が高いです。

 

3商品とも電気代は安いのでを気にしなくてOKです。

 

エブリィVSハミング【費用面】の比較結果

商品

エブリィフレシャス
(tall)

ハミングウォーター
(flows)

写真 エブリィフレシャスtall ハミングウォーター(フローズ)
レンタル料金 3,300円/月 3,300円/月
レンタル料総額

115,500円
(3年)

78,100円
(2年)

早期解約金 0円~22,000円 0円~16,500円

電気代
(独自調べ)

552円 552円
公式サイトへ every.frecious.jp hummingwater.com

 

じっくり3年以上利用するならエブリィのほうが安く済みます。

 

2年ぐらいで解約や他のサーバーを検討するならハミングでしょうか。

 

サーバー野郎

サーバー野郎

 

エブリィとハミングの料金はほぼ一緒。利用年数で考えるのがいいと思います。

エブリィVSハミング【デザイン】比較|映えるのはどっち?

やっぱりウォーターサーバーは見た目が大事。

 

へんてこなサーバーではテンション上がりませんよね?

 

エブリィフレシャスもハミングウォーターもデザイン性が高く評価されているので安心です。

 

どちらがあなたのお部屋に馴染むでしょう?ちょっと想像してみてください。

 

Humming Water(flows)

ハミングウォーター設置図② ハミングウォーター設置図①
flowsの仕様
タイプ カラー 重量
床置

ホワイト
ブラック

20kg
横幅 奥行き 高さ
26cm 37cm 120cm

 

every frecious(mini)

エブリィフレシャスミニ設置写真③ エブリィフレシャスミニ設置写真①
miniの仕様
タイプ カラー 重量
卓上

ホワイト
ブラック

8.3kg
横幅 奥行き 高さ
25cm 29.5cm

47cm
※フタ開放時67cm

 

every frecious(tall)

エブリィフレシャストール設置写真① エブリィフレシャストール設置写真②
tallの仕様
タイプ カラー 重量
床置

ホワイト
ブラック

19.7kg
横幅 奥行き 高さ
29cm 36.3cm

112.5cm
※フタ開放時137.5cm

 

サーバーの仕様比較

mini tall flows
写真 エブリィフレシャスmini エブリィフレシャスtall ハミングウォーター(フローズ)
タイプ 卓上 床置 床置き
25cm 29cm 26cm
奥行き 29.5cm 36.3cm 37cm
高さ 47cm 112.5cm 120cm
重量 8.3kg 19.7kg 20kg

 

カラーはすべてホワイトとブラックの2色有り。ハミングウォーターは床置きタイプの一種類ですが、エブリィフレシャスはテーブルやキッチンカウンターに置く「卓上タイプ」もあります。

 

卓上サーバーはコンパクトサイズのため置き場所に困りません。ハミングウォーターもはスリムサイズで、ボックスティッシュ一箱分のスペースがあれば設置できます。

 

ハミングウォーター公式へ

 

エブリィフレシャス公式へ

エブリィVSハミング【システム】比較|エリアや支払い方法

全国で利用できるの?

エブリィフレシャス ハミングウォーター

全国
※沖縄除く

全国
※沖縄除く

 

沖縄県以外はレンタル可能

対応エリアはともに沖縄以外の全国のためほぼすべてのエリアで利用できます。

 

ただし、ハミングウォーターは北海道エリアが別料金となります。レンタル料金が220円、初期費用が1,100円高くなるようです。北海道にお住まいでコスト面を重視しているならエブリィフレシャスのほうが良さそうです。

 

ハミングウォーターのエリア別料金
エリア 北海道以外 北海道
レンタル料金 3,300円 3,520円
初期費用 2,200円 3,300円

 

支払い方法は?

支払い方法はどちらもクレジットカードのみ
エブリィフレシャス ハミングウォーター

クレジットカード
(VISA/JCB/Master Card/Diners/AMERICAN EXPRESS)
※デビットカード不可

クレジットカード
(VISA/MasterCard/NICOS/JCB/AMERICAN EXPRESS/Diners)
※デビットカード不可

 

運営会社はどこ?

エブリィフレシャス ハミングウォーター
運営会社 富士山の銘水株式会社 株式会社コスモライフ
創業 2010年11月 1988年8月11日
HP http://fuji-meisui.co.jp/ https://www.cosmolife.co.jp/

 

エブリィフレシャスの運営会社は「富士山の銘水株式会社」。天然水で人気の「フレシャス」などウォーターサーバー事業を展開している大手です。

 

ハミングウォーターの運営会社は「株式会社コスモライフ」。こちらも人気の天然水「コスモウォーター」など運営している大手です。

 

どちらもウォーターサーバーの人気ブランドです。長年の実績もあるので契約して変なことにはならないでしょう。