最終更新日 2020年5月28日

カリウムが豊富なウォーターサーバーを紹介

カリウムが豊富なウォーターサーバー

 

カリウムが豊富なお水が飲めるウォーターサーバーを紹介します。

カリウムが豊富なウォーターサーバーの一覧

会社名

(商品名)

含有量

ウォーターエナジー

(日田天領水)

8.4mg

コスモウォーター

(採水地大分)

8.0mg

ネイフィールウォーター

(日田ほのか)

8.0mg

ネイフィールウォーター

(京ほのか)

5.0mg

MCMのめぐみ

(Rich)

3.1mg

フレシャス

(朝霧高原)

2.9mg

※1Lあたりの含有量で表しています

※会社名から詳細情報へ移動します

 

日田のお水はカリウムが豊富

カリウムといえば夏野菜に含まれているイメージが強いですが、お水にも含まれるものが多くあります。特に日田(大分県)の天然水にはカリウムが豊富に含まれており、上位3商品すべて日田のお水となっています。

カリウムが豊富なウォーターサーバーランキング

ウォーターエナジー(日田天領水)

ウォーターエナジーロゴ

日田天領水のウォーターサーバー

カリウム含有量

8.4mg

水1セット

2.900円(10L×2)

レンタル料

無料

対応エリア

全国

送料

無料

月額

2.900円

 

コスモウォーター(採水地大分)

コスモウォーターロゴ

smartプラス

カリウム含有量

8.0mg

水1セット

4,104円(12L×2本)

レンタル料

無料

対応エリア

九州

送料

無料

月額

4,104円

 

ネイフィールウォーター(日田ほのか)

シリカウォーターサーバーベスト1「ネイフィールウォーター」

ネイフィールウォーターサーバー

ネイフィールウォーター詳細情報

カリウム含有量

8.0mg

水1セット

4,500円(12L×2本)

レンタル料

無料

対応エリア

全国

北海道・沖縄、離島を除く

送料

無料

月額

4,500円

 

カリウムの効果や効能

  • 高血圧予防
  • むくみ予防および解消
  • 筋肉の働きを正常に行う
  • 利尿作用
  • ダイエットサポート
  • アンチエイジング効果(代謝促進・脂肪燃焼作用など)
  • 腸内環境の正常化
  • 夏バテ予防
むくみ解消など美容面に優れるミネラル

カリウムの効果で最も優れているものは「利尿作用」です。

 

この働きによって体内のナトリウム濃度を一定に保つことができ、体内に蓄積された余分な水分を体外へと排出することで、むくみを解消効果やダイエット効果を得ることができます。

 

さらに、腸内環境の正常化や新陳代謝の促進、脂肪燃焼効果もプラスされるため、美容面でも大活躍なミネラルとなっています。

 

カリウムの主な働きは体内のナトリウム濃度を一定に保つことですが、他にも様々な健康と美容効果を持ち合わせている優れたミネラルです。

そもそもカリウムとは?

カリウムはナトリウムと対を成す存在であり、生物界に広く分布している必須ミネラルのひとつです。

 

細胞外液に含まれるナトリウムとは異なり、細胞内液に存在するカリウムは、体内に過剰なナトリウムが存在すると体外へ排出しようと働きかけます。

 

このカリウムの働きによって少しばかり塩分を摂り過ぎてしまったとしても、問題無く体内のナトリウム濃度を一定に保つことができます。

カリウムの副作用と1日の摂取量

健康と美容維持に効果が期待されている必須ミネラルのカリウムですが、今のところカリウムを過剰摂取したとしても副作用を引き起こす可能性は低いと考えられています。

 

しかし、腎機能が低下している人や腎臓の病気を患っている人がカリウムを過剰摂取してしまうと、高カリウム血症を引き起こす原因となりますので、注意が必要です。

高カリウム血症の症状
  • 吐き気
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 胃腸障害
  • げっぷ
  • 知覚過敏
  • 不整脈

酷くなると、潰瘍がんや鼻咽喉がんなどを発症する恐れもあります。また、健康な人であっても、過剰摂取することで体内の濃度を一定に保とうと、腎臓が尿の生成を活発に行うため、多大な負荷をかけてしまう恐れがあります。健康な人も必ず1日の摂取量を守って摂取するように心掛けましょう。

 

1日のカリウム摂取量
  • 【男性】18歳以上:2500mg
  • 【女性】18歳以上:2000mg

優れた利尿作用を持つカリウムですが、厚生労働省は平成21年から徐々に摂取量を減少させていたのですが、加工食品の利用や食の欧米化に伴い、カリウムの摂取量が見直され、現在は1日のカリウム摂取量は上記のようになっています。

 

※高血圧予防を目的とされている場合は3500mgを目安に摂取しましょう。

TOPへ